和室とリビングが融合した、和モダンな空間!戸襖を障子に変えた美しいリビングルーム

4-30
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

日本の住宅は、単体の部屋の広さや使い勝手が重視され、空間としてのデザイン性が乏しいと感じることがあります。リノベーションは物足りない住まいを再生すること。そのため、美しい空間に再生することが大切だと考えます。今回は、和室とリビングが融合した和モダンな空間、戸襖を障子に変えた美しいリビングルームの事例をご紹介します。

before

戸襖から障子に変える

P3100007
普通の和室と洋室をつなぐドア。野暮ったくないですか?ただ空間をつなげばいい、ただ他のドアと同色であればいいでは物足りません。

和室には素敵な障子があるのに、リビングと続く和室を一体的に利用することが考えられていません。あたりまえのように戸襖が使われています。

和室には素敵な障子があるのに

P3100008
和室には元々、美しい障子がデザインされています。この障子のデザインをそのまま利用することで、和モダンの広々とした素敵な空間に再生できるのです。

after

戸襖を障子に変えたことによる和室側のメリット

Inokuchidai_0079
和室側からも美しくデザインされた空間になりました。それに、リビングからの光を通してくれるため閉じていても明るくなりました。特に、あまり使わないからと閉じた場所に置かれている和室の場合、閉じていても存在感を感じられるのは嬉しいメリットです。


和室とリビングルームが調和した、美しい和モダンの空間

Inokuchidai_0116
床材はオーク無垢材、天井はシナベニヤを使用し、照明や家具、庭の植栽まで、全体的なデザインに拘りました。戸襖を障子に変更するというアイデアが、この空間を完成させるための最初のステップになりました。その結果、和室とリビングが一体的になり、調和した美しい和モダンの空間に再生できました。

リビングルームの再生!

Inokuchidai_0123-1
リビングルームの機能性を向上させるために、家具やインテリアの選び方にもこだわりました。和室とリビングルームが融合した空間にある、美しくデザインされた家具やインテリアは、リビングルームの魅力を引き立ててくれました。

最後に

和室とリビングルームが調和した、美しい和モダンの空間が完成しました。日本の美意識が込められた、和室とリビングルームを繋ぐ障子が、この空間にとって欠かせないアイテムとなったように思います。

このリノベーション事例では、中古住宅を美しく再生することができました。「おりいえ」では、家族や友人を招いて過ごすための提案や、アレンジや模様替えのアイデアもご提案します。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

Fukuromachi_0061-1
もともと風格あふれるこの空間は、現代の機能性と洗練されたデザインを融合し、新しい暮らしが息づく場所へと再生しました。
P2070072-1
リノベーションという言葉の響きから大規模な工事が必要と思われている方もいるかもしれませんが、必ずしも大規模なものである必要はありません。限られた予算内で、質感や雰囲気を根本から変えることができるのです。
PC200046-1
古い中古住宅の魅力について知ってほしいと思っています。このブログでは、中古住宅の隠れた魅力についてご説明します。