電動キックボードのある日常を考えてみるとこれまでの当り前は古い価値観かも。。

IMG_5641
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

時速20㎞以下の電動キックボードが2年以内に、16歳以上(免許不要)ヘルメットは任意で利用できるようになるようです。(2022年4月 道路交通法の改正案が可決 2年以内に法改正が行われようです。)

電動自転車がOKなのに、遅って思いますよね。

愚痴ちゃうと、ウーバーも中途半端、一方で、バス路線は赤字路線が増える一方。それでも既成緩和出来ない矛盾以上に、規制緩和しないとどうしようもない現実があるのかも。

僕たちが当たり前と思っている価値観は、技術革新や規制緩和すれば、仕組みややり方を変えれば、古く意味のないものになったりする。

こんな思考の僕は、当たり前だと思い込んでいる価値観を押し付けられるのが大嫌い。

新しいモノがいいって誰が決めたんだと思う?

なので、古くても意味のある家を残したい。

古く意味のある家に新しい価値を吹き込む素晴らしさは、少なからず色々なところで評価されている。それでも、不動産の中古流通がまだまだ発展途上なのは、古くて意味のある家に新しい価値を吹き込むレベルが低いからだと思っている。

駅近や好立地にある古い建物を壊し、細切れにした家を新しく作る方が手っ取り早いからだろう。

新築!駅近!好立地!

マイホームとして当たり前とされているこのキーワードが大嫌い!

電動キックボードだけじゃなく自動運転はもうすぐ先の未来です。

これまでの当たり前を疑えば暮らしの価値観はきっと変わる。

ストレスから解放される家が出来上がる!




▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

28846453_m
日本の耐震基準は、地震に対する安全性を高めるために継続的に進化してきました。地震大国である日本では、過去の地震から得た教訓を基に、建築物の耐震性能を向上させるための基準が改定されています。このブログでは、耐震基準の進化についてご説明しています。ご参考になさってください!
28952543_m
中古住宅を選ぶ際、多くの方が耐震等級を気にされると思います。しかし、地盤の状態も非常に重要な要素です。このブログでは、中古住宅を選ぶ際に知っておきたい地盤の状態と耐震基準の進化について説明し、耐震性と地盤を総合的に評価することが安全な住まいを確保する鍵であることをお伝えします。
0521_0110
新しい中古住宅リノベーションのモデルハウス「広島市佐伯区美鈴が丘緑」では、床材にバーチ無垢材をふんだんに使用しています。バーチ無垢材の魅力を最大限に活かし、白を基調とした空間に温かみと上質さを加えました。