色と光(陽):家の中にある色彩について

PA030198-1
広島市で中古住宅リノベーションを手掛ける「おりいえ」です。

家のデザインにおいて色と光(陽)の関係は重要です。これらは単に見た目を美しくするだけでなく、空間の雰囲気はもちろん、住む人の気分にも大きく影響します。


色彩の影響力と光(陽)の使い方

A7305859-1

色彩は住宅の空間に深い影響を与え、その使い方は空間の雰囲気を大きく変えます。


壁に光(陽)が当たると、色はより鮮明になり、部屋に活気をもたらします。


なので、リノベーションの際には、陽ざしが壁の色を引き立てるような窓の配置も重要です。これにより光(陽)と色の組み合わせが、まるでアートのような壁面を創り出してくれます。


光(陽)を巧みに使うことで、住宅内の色彩をデザインしましょう。

照明色で理想の空間を作る

Inokuchidai_0227

照明の配置と色が、壁の色や家具、絵画などのアクセントを引き立てます。照明色によって、部屋の雰囲気を自由に変えることが可能です。


例えば、暖色系の照明は温かく落ち着いた空間を演出します。冷色系の照明は部屋を明るく爽やかに見せる効果があります。


照明の色と配置をデザインすることで、理想の空間を演出し、あなたの趣味に合わせた雰囲気を作り出しましょう。

家具や壁の色が空間に与える影響。

20230322ajina0378-1

家具と壁の色は、空間の雰囲気はもちろん僕たちの気分に大きく影響を与えます。明るい色の家具は空間を広く明るく見せ、暗い色は重厚さを演出します。

壁の色は、部屋の全体的なムードを決定し、色の反射によって異なる印象を与えます。暖色系は活発な雰囲気を、寒色系は落ち着いた空間を作ります。

なので、家具や壁の色の選択は、部屋の使用目的と雰囲気に基づいて行うべきです。適切な色の選択で、理想の空間を創造しましょう。

住宅内での色の使い方は暮らしに深く影響します

A7305531-HDR-2

穏やかで落ち着いた色調にすれば、心を安らげ、リラックス効果があります。特に寝室などのプライベートなお部屋に適しています。一方、明るい色は活動的な気分になります。ワークスペースやダイニングルームに適しています。


色選びは、単に好きな色にすればいいというものではなく、その空間で過ごす時間と求められる気持ちに合わせて選びましょう。

結論:住宅を快適にするには色と光(陽)が大事!

Inokuchidai_0081

住宅を快適で魅力的な空間に変えるには、色と光(陽)の上手な組み合わせです。色は空間に個性と心地よさをもたらし、光(陽)はそれを引き立ててくれます。


空間としての美しさだけでなく、感覚的な満足感を生み出すためにも、色と光(陽)のほど良いバランスを見つけてください。そうすれば家はたんなる容器から、暮らしを豊かにする特別な場所へと変わるはずです。


自分らしい色と光(陽)の組み合わせで、理想の空間を創り出してください!



/////////////////////////

現場の進捗や普段着の活動はインスタストーリーズで発信しています。

フォローしていただけると喜びます。

おりいえのインスタ https://www.instagram.com/ori_ie/

instagram-sidebar-4-1

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

0521_0110
新しい中古住宅リノベーションのモデルハウス「広島市佐伯区美鈴が丘緑」では、床材にバーチ無垢材をふんだんに使用しています。バーチ無垢材の魅力を最大限に活かし、白を基調とした空間に温かみと上質さを加えました。
0521_0012
僕の経験では、多くの人が注文住宅や分譲住宅に対する期待と現実のギャップに悩んでいると感じています。「注文住宅は高すぎるし、分譲住宅ではときめかない。」こんな悶々とした思いを抱えているあなたへ、
IMG_5004
住宅を購入する際には、多くの選択肢がありますが、リノベーション済み中古住宅は経済的にも多くのメリットがあります。このブログでは、リノベーション済みの中古住宅がどれだけ賢い選択かを、具体的なメリットをご説明します。