リノベーションで和室の魅力を引き出そう!

20230322ajina0116
広島市で中古住宅リノベーションを手掛ける「おりいえ」です。

和室はどのように時代と共に変わり、どのような魅力を秘めているのでしょうか。このブログでは、和室の魅力とその使い勝手の良さについて事例をもとに説明します。

中古住宅でのリノベーションの際の参考にしてください。

時代とともに進化する和室

20230322ajina0118
和室といえば、多くの人が実家のイメージを思い浮かべるかもしれません。

新築では和室のない家も増えてきた一方、中古住宅では、元から空間にゆとりが家が多く、和室をどのように活用するかが、住空間の豊かさを高める鍵となります。

30年前のアートな手仕事

20230322ajina0127

僕が住宅営業を始めた頃の和室は、現代では見かけることの少なくなった、手仕事の跡が見え隠れする障子や床柱を始めとした素材が使用されていました。これらの素材は、今にない良質な素材や職人技を感じさせ、独特の雰囲気を醸し出してくれます。


現在、売りだされている中古住宅には、こんな空間が残されています。

事例紹介:和室のリノベーション

P9180084
before
P9180080
before

この画像の事例では(上画像のbefore以外がafter画像です。)、大きな変化は求めず、戸襖を障子に変え、畳を縁なし畳にしました。さらに、壁色を全体空間とつなげることで、リビングとの境界を柔らかくしています。


これにより、家全体のつながりが生まれ、心地よい空間が実現されました。

変わりゆく時代、変わらない心地よさ

20230322ajina0121

西洋文化の影響を受けても、靴を脱いで生活するという文化は一般家庭には取り入れられませんでした。同じように、畳の上でごろんとする気持ちよさは、日本人のDNAだと思います。


一方で、マットを敷いてヨガをしたり、テレワーク部屋として利用したり、多様な用途に利用できるのが和室です。変わりゆく時代に、それぞれの暮らしの心地よさを和室という多目的に利用できるお部屋で見つけてください。それができるのが中古住宅リノベーションの魅力です。




和室の持つ可能性と、その魅力を最大限に活かすリノベーションに興味を持たれましたら、「おりいえ」と一緒に、あなたの理想の空間を実現しませんか?ご質問やお問い合わせはお気軽にご連絡ください。





▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

Satsukigaoka_0100
ポータルサイトで立地や価格を入力して家や土地を探しても、なかなか満足のいく物件に巡り合えない…そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?このブログでは、家を単なる「住む場所」としてではなく、アートとして捉える視点から、家探しにおいて大切にしたい考え方やスタイルについて解説します。
20230322ajina0012
利便性や経済性を重視するあまり、狭くて庭のない住宅を選びがちです。こうした家づくりの背景には、「家で何をするかどう楽しむか」という視点が欠けていることが原因の一つとして考えられます。そこで、このブログでは広島市郊外で庭付きの家を持つことの素晴らしさと、庭のある生活の魅力について解説します。ご参考になさってください!
P1060020
中古住宅を探す際、多くの人はその見た目で判断しがちです。表面がボロボロな家は敬遠され、不動産市場でも売れ残ることが多いです。しかし、リノベーションを前提に家を購入するのであれば、これこそが賢い選択です。なぜ、そうなのかをこのブログで解説します。ご参考になさってください。