「狭い×トキメカナイ×高い」新築分譲住宅にどうしたものが思案中の皆様へ

3-27
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

「狭い×トキメカナイ×高い」新築分譲住宅にどうしたものか思案中の皆様!

バブル期の中古住宅はいかがでしょう?

現在、計画中の中古住宅リノベーションは平成2年築のバブル期物件です。

土地:198.64㎡(60.08坪)
建物:156.72㎡(47.46坪)

広いでしょ!

トキメキはリノベーションで解決できます。

しかもこの当時の家は素材が一流です。(こちらの南大河リノベーションは「外壁タイル」「内装建具や枠等木部は全て無垢材」)キッチンやお風呂は全交換するのだから新築同様最新設備のモノをご利用できます。

なお今回のリノベーションは塗装を多用してドアや枠は既存のモノを使う予定です。そのため、いつもよりもリーズナブルな価格でご提供できます!安いとは言いいませんが素敵な家が納得価格で取得可能です。


「狭い×トキメカナイ×高い」新築住宅に変わる選択

広い×ワクワクする×適正価格=「おりいえ」の中古住宅リノベーション

ご期待ください!

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

28846453_m
日本の耐震基準は、地震に対する安全性を高めるために継続的に進化してきました。地震大国である日本では、過去の地震から得た教訓を基に、建築物の耐震性能を向上させるための基準が改定されています。このブログでは、耐震基準の進化についてご説明しています。ご参考になさってください!
28952543_m
中古住宅を選ぶ際、多くの方が耐震等級を気にされると思います。しかし、地盤の状態も非常に重要な要素です。このブログでは、中古住宅を選ぶ際に知っておきたい地盤の状態と耐震基準の進化について説明し、耐震性と地盤を総合的に評価することが安全な住まいを確保する鍵であることをお伝えします。
0521_0110
新しい中古住宅リノベーションのモデルハウス「広島市佐伯区美鈴が丘緑」では、床材にバーチ無垢材をふんだんに使用しています。バーチ無垢材の魅力を最大限に活かし、白を基調とした空間に温かみと上質さを加えました。