元ハウスメーカー支店長の本音:中古住宅の隠れた魅力

stockfoto_39247068_S
広島市で中古住宅リノベーションを手掛ける「おりいえ」です。

僕は元ハウスメーカー支店長です。新築住宅を売りまくっていました。

このブログでは、新築営業のちょっとした裏話から中古住宅の真の価値を探ります。

注文住宅営業の裏話

僕がハウスメーカーの営業として働いていた頃、中古住宅を検討している人にはこんな話をしていました。


「日本の住宅の寿命は25年とか30年と言われています。もしも、築15年の住宅なら、10年後に建て替えが必要ですよ」といったトークです。


多くのお客様はこれでやっぱり中古は不安となったようです。


新築への切り替えは簡単でした。

中古住宅の見落とされた価値

前述したトークが通用するのも、聞こえてくる声が日本の住宅の寿命は30年程度だからです。


中古住宅の持つ本当の価値は新築を売るためには邪魔者だったわけです。


実際は、多くの中古住宅は十分な耐久性を持ち、耐震改修や省エネリフォームすれば快適に住むことは可能です。


中古住宅リノベーションを手掛けている僕たちからすると、「中古住宅は不安」という声の大きさから、宝物のような中古住宅を手頃の価格で取得させていただいています。

新築だけが家ではない

お金に限りがなければ新築は最良の選択です。


しかし、予算の中での最良を思考すると、中古住宅という選択もありのはずです。


設備や表面の劣化は新しくすれば見違えます。


僕らからすれば、安普請で建てた家の新築よりも材にこだわりデザインに拘った家の価値は新築以上に高いモノです。

中古住宅の魅力

さらにいえば、中古住宅は新築にはない独特の魅力を持っています。


改装やリノベーションを通じて、新しい命を吹き込むことができます。


また、すでにあるコミュニティを確認できるのも強みです。


そこみは、新築では味わえない豊かさがあったりします。

住まいの選択としての中古住宅

新築だとか、中古住宅だとか、暮らしの本質的な価値とは関係ないように思っています。


大切なのは、自らの希望に合った住まいを見つけることです。


新築と中古住宅を同時に見比べることもその一つの方法です。


新築も中古住宅も、どちらも僕たちの生活に素晴らしい選択肢を提供します。あなたの理想の家を見つける選択は幅広いほうがいいに決まっています。


もし、新築と中古住宅のどちらが自分に合っているのか、もっと知りたいと思われるなら、ぜひ僕たちにご相談ください。僕たち、あなたの理想と予算に合わせた住宅選びをお手伝いします。


//////////////////////

現場の進捗や普段着の活動はインスタストーリーズで発信しています。

フォローしていただけると喜びます。

おりいえのインスタ https://www.instagram.com/ori_ie/

instagram-sidebar-4-1

▼ 最新のカテゴリ―記事はこちら ▼

cccf33ed8349f73f7f2d58b2e1693c44-1
建築費と地価の上昇に伴い、ますます狭小化する敷地と建物の空間に対する批判が高まっています。
JC180_72A
このブログでは、マイホーム購入の悩みをどう解決すべきかを解説してみます。
P6040072-2
このブログでは、物件の本質的な価値を見極め、見た目の欠点の先にある「宝物」を見つける方法について探っていきます。お付き合いください!