「郊外の時代」テレビ報道を信じ失敗!

PB230036
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

「郊外の時代」テレビ報道を信じて失敗!という記事を見かけました。

コロナ禍により、働き方も暮らし方も変化しました。その一つが、郊外へ居住地を求める動きです。

見かけた記事の内容は、そんな動きに焦点が当たる時代、偏った見方を信じて失敗しなければいいのだがというものです。人生で最も大きな買物である「マイホーム」。どこに住むか迷っている方には気になることでしょう。

このブログが、郊外暮らしで失敗しないためのヒントになれば幸いです。

郊外は価格も安く買いやすいが。。。

郊外のメリットはなんといっても地価が安いこと。注文住宅でも、中古住宅でも、街中に比べれば安く買い求めやすいものです。選択肢も広がります。街中であれば諦めるしかなかった注文住宅も可能かもしれません。庭でバーベキューも可能です。

コロナ禍により家で過ごす時間が増えた私たちの暮らしは、これまでよりも、郊外で暮らすメリットが増えました。なのに郊外暮らしを選んだ結果、失敗という声はどこから聞こえてくるのでしょうか?

ポジショントークに迷わない!

「おりいえ」は自分の立ち位置から郊外暮らしは大賛成です。もし、新築マンションを販売している立場であれば猛烈に批判しているでしょう。(笑)

「ほんとうに」中立的立場のコンサルでない限り、ポジショントークは当たり前です。いちいちネットの情報や営業の声を聞き入れていては迷うばかりで先には進めません。

あらゆる声は思考を整理するヒント

皆様をサポートするあらゆる声は基本的にポジショントークです。聞こえてくる声に優先順位をつけましょう。自分事として整理してみましょう。

郊外に住んで失敗したというのは、思考を整理する前に買いやすさを優先した結果だと考えます。

思考を整理するために、ご自身のライフスタイルを整理する。

GS150_72A
思考を整理するために、ご自身のライフスタイルを整理することが大切です。

その手段として有効なのがライフプランです。

マイホームを取得するために、郊外を選択しようとする大きな理由の一つが「経済的」理由ではないでしょうか。ライフプランは、将来に対する不安や夢などに対する、お金の付き合い方を整理していきます。

また、時間軸を広げることで見えないことも見えてきます。教育に対する考え方や家族と過ごす時間、未来の不安や夢などなど。つまり、ライフプランを通じてごより深くご自身の人生を見つめていきます。ご自身のライフスタイルを見つけることができるのです。

何となくこんなもんだという固定概念で家を探していませんか?

買いやすい予算だから郊外の家を買う!
⇒ライフスタイルがぼんやりしているままであれば、なにを重視して家を買ったか明確なモノがないはずです。

庭の使い方も、リビングの過ごし方も、どの部屋でどんなふうに過ごすか...。家具や照明選びも何となくから始まります。暮らしのスタートが何となくでは何となくの暮らしが日々アップデートされるだけです。素敵な暮らしのアップデートは放棄したのと同じです。

最後に!

「おりいえ」は、豊かな暮らしを実現するためには、中古住宅の取引が安心安全なものとならなければならない。多様なライフスタイルに合った暮らしのためには、良質な中古住宅の流通が不可欠だと考え、中古戸建住宅のリノベーションを進めています。

お客様の選択が広がることこそ健全な状態だと考えているからです。

郊外暮らしも街中暮らしも、ライフスタイルに合った暮らしであれば満足できるはずです。

住宅選びで失敗しないためには、ご自身のライフスタイルを整理し、「ロケーション」「お金」「容器としての家」このバランスを取りながらちょうどいいところの家を見つけることです。もう少しだけ学びを深めてみてください。

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

25013533_s
インフレ時代の住宅購入について持論を展開します。
23875433_s
昨今、インフレや物価高のニュースを見聞きすることが増えてきました。欧米では金融引き締め策のより政策金利をあげています。
PB230036
「郊外の時代」テレビ報道を信じて失敗!という記事を見かけました。コロナ禍により、働き方も暮らし方も変化しました。その一つが、郊外へ居住地を求める動きです。