付録に弱い女性と収納事情

A7305549-HDR

「これよくない!」と妻から声をかけらる時は、掘り出し物を見つけてきた時。もしくは、付録付きの女性誌を買ってきた時です。多くはバッグです。(汗)何故に?収納を埋め尽くしそうになのに?理解に苦しみます。。。
整理できなくなる数年に一度、大量に買取店に持ち込みます。おまけのバックを買い取ってくれるかどうかなんて知りませんが、おまけ以外のバックも持ち込んでいるようです。

減っては増え。増えて減り。この繰り返しです。定期的に整理をしつつ「収納が少ない!」と、愚痴り。そしてトドメは、「あんた男なのに服が多すぎる!」と不満の矛先は僕にむかいます。(滝汗)
A7305871-HDR

収納に対する不満を調べてみました。

国土交通省の平成30年住生活総合調査によると
【収納の多さ・使い勝手】の不満は以下の通りです。

持家(1戸建・長屋建て) 多少不満 26.6% 非常に不満 4.1%
共同住宅 多少不満 33.7% 非常に不満 5.3%

ひろ~い家なら収納するだけのお部屋を用意できますが、限られた敷地に限られた予算。普通はそんな贅沢はできません。無駄のない計画の中で収納スペースを確保しましょう。また、収納可能な家具がおさまるように壁を配置しましょう。

我が家でいえば、「たいして使いもしないなら買ってくるな!」

喧嘩になるのでブログではけ口とさせていただきました。(笑)

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

P1250004
安佐南区の「ちょうどいい郊外の家」この家は、昭和49年7月新築の築48年の家です。一般的に言われている日本の家の寿命は30年程度ですから、こんな古い意をリノベーションするの?と、思われる方も多いでしょうね。
P1050044-1
本日より通常業務を開始します。2022年もどうぞ宜しくお願い致します。本年は、出来る限り多くのリノベーションモデルをご見学いただけるようチャレンジしていきます。
Satsukigaoka_0081-1
おりいえ」として2021年は、想いにたいする答え合わせを確認できた年でした。2022年は、より多くのストーリーを提供できるようチャレンジします。小さな想いから少しだけ成長できました。関わっていただいた全ての皆様へ感謝申し上げます。2021年 ありがとうござました!良いお年をお迎えください!