広島のアフターコロナのトレンドは「美しい家」

A731596
連休明け、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨年に続き今年もコロナで行動が制限されましたね。
もしかすると連休だからこそストレスを感じたかもしれません。

広島市の河川敷では、連日テントを張った家族でにぎわっていました。

日常が変わり、休日の過ごし方も変われば、
住宅購入に重視する点も変わるのかもしれません。


三井不動産レジデンシャル(株)による契約者アンケートでも変化はうかがえるようです。

利便性がより重視されるマンションでも、コロナ禍が購入のきっかけとなった層が重視したのは、「より広い家」(68%)、「部屋間数の多さ」(44%)

一方で、従来より検討していた層では、「生活利便性」(49%)、「より広い家」(47%)、「交通利便性」(40%)

記事元です。

住宅を購入する目的が働き方から暮らしへと変化しているように思えて嬉しくありました。

満員電車や通勤のストレスを感じたこれまでは、利便性という価値に重きをおいていました。今後は豊かな暮らしを包む「家」にこそ、価値を求める時代かもしれない。

そう考えると、僕のテンションはアゲアゲです。(笑)

豊かな暮らしを包む家とは美しい家。

暮らしながら自分磨きができる家。

「おりいえ」は、中古戸建住宅×リノベで提供していきます。

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

2kai2
6年前に引き渡しをしたお客様から先日、子供の成長に伴って広い部屋を独立した部屋に分けたいという相談をいただきました。このご依頼を受けて、改めて家というものが家族と共に成長し、変わり続ける存在であることを感じました。
20230322ajina0012
利便性や経済性を重視するあまり、狭くて庭のない住宅を選びがちです。こうした家づくりの背景には、「家で何をするかどう楽しむか」という視点が欠けていることが原因の一つとして考えられます。そこで、このブログでは広島市郊外で庭付きの家を持つことの素晴らしさと、庭のある生活の魅力について解説します。ご参考になさってください!
Koi_066
もしもアイフォンを「素敵な家」に置き換えた場合、「2台目の車」は何に相当するのか。このブログではその思考を元に、家選びについて考えてみたいと思います。お付き合いいただけると嬉しいです。