『中古戸建住宅』買っていい物件の判断はホームインスペクションにつきる。

車体がボコボコの車が売りに出ていることはないと思う。
メルカリに壊れたままのモノって売りに出てないと思う。

中古住宅は普通に売りに出てる。

あってもボロボロの家は売れない。
そんな家は解体整地渡しとして「売土地」だ。

壊される運命にある。

それでいいのか?

中古車でもメルカリで売られているいろいろなモノも
綺麗にしたりちょっとした凹みを直して売る。

エンジンは快調でも。
ボコボコというだけで売れない車が
リメイクすれば欲しい人はたくさんいる。

この循環によりビンテージとよばれる商品が生まれるのだと思う。

問題は逆に、見た目だけで中身こそがボロボロ。
見た目綺麗でも車の機能を要しない。
使用することが出来ない。

そんなことがないような仕組みが
中古車市場にもメルカリにもある。
安心して中古品を買える仕組みがある。

残念なことに中古住宅にはない。。。に等しい。。。
仕組化しようとする動きはあるが機能してない。。。

中古住宅購入で失敗しないためには
信頼できる業者探しが全てだと思う。
IMG_3736-1
立地・ロケーション―が気にいっても
ボロボロの家は買いたくない。

特に構造的に問題がある場合は
直すにしてもとんでもないお金がかかる可能性がある。

表面だけ化粧されて
エンジンがかからないような車は冗談じゃない。

そんなことがないように健全化したのが中古車業界のはずだ。

中古住宅市場もそうあるべきだ。
そのためにホームインスペクションというサービスがあり
既存住宅瑕疵保険という保険までも用意された。

ori_ieとして売り出すために購入する中古住宅も検査をする。

瑕疵保険に加入できないような住宅は商品価値がない。
だからいくら立地・ロケーションが良くても商品化しない。

購入前には僕自身が検査する。
(この上の画像は傾斜がないかレーザーで測定しているところ。)
IMG_3751-2
家が傾いてたり雨漏れしてちゃ保険加入できない。
というか、表面がきれいでも
裏側からみるととんでもない不細工な家って
直せばいいってもんじゃない。

どこか悪いところがないか探しまくる。
家も人と同じ。 しっかり本質をみなきゃねって話。

小屋裏へ侵入すれば雨漏れ痕があればわかる。
この住宅は断熱施工もきれいな状態だということが分かった。
P6030366
床下も当たり前だけど侵入する。
表面の基礎なんてモルタルでどうにでもごまかせるが
裏面までごまかすなんてさすがにしないだろう。

30年経過しているとは思えないでしょ。

断熱材も入ってる。
シロアリ被害もない。

場所も価格も品質を担保できることが確定できれば。
購入すればいい!

この物件もそうだし
皆さんが検討する中古住宅も同じだ。

このモデルの場合は
リノベ案は最善を尽くす!

詳細は後で詰める!

それができるのは、
健全な建物であることを確認したから。
それだけインスペクションって大切だよって話です。

購入条件などなど
安心してその先に進めるものがなければねぇ。

家はシェルターでしょ。

ori_ieを商品化するまでの最初の段階。

というか、
中古住宅購入の一丁目一番地は
ホームインスペクションです!!

ご記憶ください(^^)