どんなロケーションに住むか!

IMG_2583
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

上の画像は岩国市某所

住宅営業初めて3か月ごろ違和感を感じた場所です。原点回帰的に今どう感じるかを帰省ついでに立ち寄りました。

その当時の違和感は、近くの大型団地との価格差でした。大通りを挟んだだけの立地なのに、まるで人気のない立地。二十数年ぶりに立ち寄りましたが、新しい家へ建替えられている家は片手で足りるほどしかありません。

好立地だとか駅地価が人気で資産性が高いなどといいますが、その先にあるロケーションこそ重要ということ。

タイミングよく、GW中に読んだ「ライトの建築論」には

建物の実態は四方の壁と屋根にあるのではなくて、
それらに囲まれた住むための空間にあるのだ

と、書かれています。(実際は老子の言葉のようです。)

利便性や駅近により住むための空間が劣悪あれば、住環境としては最悪です。激しく同意します。

自問すべきは、どんな立地に住むか!?ではありません。
どんなロケーションに住むか!!です。

ご一考いただけると幸甚です。

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

28846453_m
日本の耐震基準は、地震に対する安全性を高めるために継続的に進化してきました。地震大国である日本では、過去の地震から得た教訓を基に、建築物の耐震性能を向上させるための基準が改定されています。このブログでは、耐震基準の進化についてご説明しています。ご参考になさってください!
28952543_m
中古住宅を選ぶ際、多くの方が耐震等級を気にされると思います。しかし、地盤の状態も非常に重要な要素です。このブログでは、中古住宅を選ぶ際に知っておきたい地盤の状態と耐震基準の進化について説明し、耐震性と地盤を総合的に評価することが安全な住まいを確保する鍵であることをお伝えします。
0521_0110
新しい中古住宅リノベーションのモデルハウス「広島市佐伯区美鈴が丘緑」では、床材にバーチ無垢材をふんだんに使用しています。バーチ無垢材の魅力を最大限に活かし、白を基調とした空間に温かみと上質さを加えました。