賢い中古住宅の買い方:表面のボロボロな家こそお買い得!

P1060020
広島市で中古住宅リノベーションを手掛ける「おりいえ」です。

中古住宅を探す際、多くの人はその見た目で判断しがちです。表面がボロボロな家は敬遠され、不動産市場でも売れ残ることが多いです。

しかし、リノベーションを前提に家を購入するのであれば、これこそが賢い選択です。なぜ、そうなのかをこのブログで解説します。ご参考になさってください。

表面のボロボロな家が狙い目な理由

P1060024-1
見た目が悪い家は市場で敬遠されがちです。売れ残りやすいため、価格が下がる傾向があります。(控えめに言ってますが間違いありません。)

つまり、安く家を購入することができるということです。その分をリフォーム費用に充てることで、自分の理想に近い住まいを手に入れることが可能です。

リノベーションの自由度が高まる

IMG_8246
物件を安く変えれば、購入後の資金計画にも余裕が生まれます。また、リフォーム費用に充てることもできるし、予備資金として残しておくこともできます。

なので、ゆとりのある資金計画が立てられるため、急な出費や将来のメンテナンスにも安心して対応できます。

安心のための構造チェックが重要

P2280002
ここまでいいことばかりお伝えしました。とはいえ、見た目がボロボロであっても、家の構造がしっかりしていることは重要です。

購入前には専門家に依頼して、構造の健全性を確認しましょう。地震や災害に対する耐性があり、安全で安心して住むことができる家を選ぶことが、賢い中古住宅選びのポイントとなります。

まとめ:賢い中古住宅の選び方

20230828_138-1

表面がボロボロな家は、一見するとデメリットが多いように思われるかもしれません。しかし、リフォームを前提に考えると、大きなチャンスです。安く購入できることにより、理想の住まいを手に入れるための予算を確保できます。ただし、安心して住むためには、構造の健全性が担保されていることが必須です。


賢く中古住宅を選ぶためには、見た目だけで判断せず、そのポテンシャルと安全性を見極める目を持つことが重要です。難しそうと考える必要はありません。中古住宅は築後数十年経過しているため、欠陥のある家は症状が出ています。これから雨漏りするかもしれない新築よりもむしろ安心です。


中古住宅の購入を検討する際には、これらのポイントを踏まえて、自分に合った最適な選択をすることが大切です。


中古住宅に関するご質問やご相談がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。私たちは、あなたの理想の住まい探しを全力でサポートします!

/////////////////////////


現場の進捗や普段着の活動はインスタストーリーズで発信しています。

フォローしていただけると喜びます。

おりいえのインスタ https://www.instagram.com/ori_ie/

instagram-sidebar-4-1

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

P1060020
中古住宅を探す際、多くの人はその見た目で判断しがちです。表面がボロボロな家は敬遠され、不動産市場でも売れ残ることが多いです。しかし、リノベーションを前提に家を購入するのであれば、これこそが賢い選択です。なぜ、そうなのかをこのブログで解説します。ご参考になさってください。
PA270010
昨日、テレビで家の買い方に関する番組を観ていると、「これだ!」と決めつけるような偏った評論が気になりました。家の買い方に関して、特に中古住宅に関する都市伝説や誤解が多く広まっているように感じています。
4153952_m
リノベーションの魅力は、見た目や機能性の向上だけではありません。多くの人が見落としがちなメリットは、固定資産税が上昇しない点です。リノベーションで価値を高めても、固定資産税が据え置かれることが多く、長期的なコストを抑えることができます。