広島市の立地適正化計画を把握しましょう!不動産購入の指針として

c8c3e840c09cad60a2b53e48ebf20388-2
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

広島市では、都市再生特別措置法に基づく「広島市立地適正化計画」を平成31 年(2019 年)1 月に作成されました。これは、広島市で家を購入する際に参考にてほしい情報です。「おりいえ」的思考としてご紹介します。


広島市の立地適正化計画とは

立地適正化計画とは、コンパクトな街づくりを目指す計画です。これは、効率的な生活を実現するためのもので、広島市が国土交通省の法律に基づいて作成されました。

広島市のどこに住むかの参考に

立地適正化計画の中でも、家を購入する際に重要な問題は、どこに住むかです。特に、将来売却を考える場合は、居住誘導区域から外れると将来的にインフラ整備が行き届かない可能性があります。そうなると売却が困難になるかもしれません。
居住誘導区域は、遠くに住まず、都心部に住むことを促す区域です。
広島市の居住誘導区域は、他の都市と比較して柔軟性があるように感じます。勝手に想像するに、これは行政が資産を奪うような強制力を持たないためなのでしょう。広島市おいては、むしろ災害危険区域の指定の方がより重要な問題なのだと感じます。
広島市の立地適正化計画では、田舎暮らしを望む方も考慮されており、柔軟な対応がされているように感じます。


また、この計画以前に、売れない場所というのはあるものです。この場合も、気になる未来の相続問題も、様々な視点の法整備が進んでいます。
家を購入する際、売却や住み続ける環境も重要な要素です。広島市の居住誘導区域は緩いからこそ、この区域から外れることは、特に影響があると考えられます。


また、立地適正化計画はまだ新しいも計画です。将来的に、人口減少が進み財政が厳しくなると区域が絞られる可能性は想像に難しくありません。


最後に

この広島市の立地適正化計画は、どこに住むかを決める際の参考になる貴重な資料です。これから家を購入する方には、ぜひ一読していただくことをお勧めします。


また、郊外の不動産を売却を検討している方は、早めの対応をおすすめします。このような計画が一般に知られると、不動産価値が下がる可能性があります。


広島市周辺で不動産売買でお悩みであればお気軽にご相談ください!お問い合わせは、電話やメール、または当社ウェブサイトのお問い合わせフォームからどうぞ!

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

Satsukigaoka_0100
ポータルサイトで立地や価格を入力して家や土地を探しても、なかなか満足のいく物件に巡り合えない…そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?このブログでは、家を単なる「住む場所」としてではなく、アートとして捉える視点から、家探しにおいて大切にしたい考え方やスタイルについて解説します。
IMG_0852
中古住宅の購入を検討する際、既存住宅売買瑕疵保険の付帯された物件は、多くの利点を提供します。このブログでは、既存住宅瑕疵保険付き中古住宅を選ぶことの主なメリットを5つ紹介します。
27333432_m
現代の不動産市場は、地価と建設費の高騰が進む中、販売を促すために価格を抑えた狭小住宅が数多く供給されています。しかし、このような住宅が本当に僕たち求める価値を提供しているのでしょうか?そんな疑問を強く感じる「おりいえ」の願いはタイトル通り「狭小住宅の誘惑を超えて質の高い生活空間を求めて欲しい」です。