売主居住中の中古戸建住宅は売主に直接確認できるのがメリット。

P7030447
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

中古戸建住宅は、売主が居住しているまま売り出されることが多いものです。空家のように自由に内覧はできませんが、誰よりも家のことを知っているのが売主です。つい先日も、売主が居住中の家をお客様とご一緒に内覧してきました。

売主が居住中だからこそのメリットを改めて感じました。

売主に直接確認できるメリットは大きい。

不動産業者として調査することは多く空家物件でも調査することに変わりはありません。しかし、長年住み続けた売主だからこそ聞ける情報は貴重です。

売主ご自身がどういう方かはもちろん、増改築やメンテナンス情報、街の歴史や生活圏の情報、コミュニティーや暮らし方、長く暮らしているからこその情報には購入後の暮らしを具体化しやすく重宝します。

売主居住中の中古戸建住宅の内覧は遠慮しない

売主居住中の物件の内覧はどうしても遠慮がちになります。こんな質問したら失礼かな?とか、キッチンやお風呂、プライベートな空間、ドアの開け閉めなども遠慮がちになります。

しかし、劣化している部分や直したほうがいい部分を、売主がすべて把握してることはありません。悪意がなくても多少ドアの開閉が重い程度のことは、普通に生活し続けている売主からすれば、その状態が普通なわけです。

売主へきっちんと許可をとって暮らしを想像しながら内覧しましょう。注意深く内覧すれば天井のシミ跡や内壁外壁面のカビが隙間などに気づくかもしれません。気づきがあれば継続している問題なのかすでに修理済みで解決できているのか遠慮することなく質問しましょう。

具体的に検討するならホームインスペクション検討しましょう。

具体的に購入を検討したい物件であったなら、契約前にホームインスペクションを検討してください。まだまだ地方都市広島ではホームインスペクションを断られるケースも多くありますが、売主と一度コミュニケーションが取れているのは強みです。遠慮することなく申し出るべきです。

中古戸建住宅の購入パートナーには建築知識が必要です。

img_a003
遠慮しがちな売主居住の中古戸建住宅の内覧について記事にしてみました。でも、これって不動産の仲介業者さんがお客様の視点で質問すればいいですよね。しかし、これらの質問の中でも、特に建物の劣化部分については建築知識がなければ的を得た質問はできません。

広島市周辺で中古戸建を検討している皆様。「おりいえ」では、新耐震基準・旧基準も含め、インスペクションを通じて購入者に必要な情報を積極的にお調べいたします。内覧時もお客様に代わって売主様へ適切で失礼のない質問を投げかけます。先ずは、お気軽にご相談ください。

【おまけ】 Selfinでは、売り出されている中古物件の価格が高すぎたり、安すぎたりしないかを判定いたします。ご利用は無料です。ぜひ、ご活用ください。


▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

a3264971b043ec7a74d04bce859274c9
貴重な不動産情報は一期一会です。貴重な情報を逃さないためにも、不動産情報を取得しつつ信頼できる不動産営業を選びましょう。急がば回れです!
fd436d5b3e9ac68a8242c567c480de00
ネットを検索すれば、いろいろと値引き交渉術なるサイトが立ち上がります。「おりいえ」では、大切なのは値引交渉ではないと考えています。大切なことは、価値あるものを適正価格で購入することです!そのために重要なのが売出し価格の根拠です。
Satsukigaoka_0099
家を買うときは、様々な生活シーンを想像して家を見学しましょう。周辺を探索しましょう。特に、一目惚れした家はパット見だけの薄ぺらい家じゃないかチェックしましょう!