中古住宅を内覧して感じたこと。家には「らしさ」がなきゃ!

0081
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

昨日は新しいモデル物件候補のため、広島市佐伯区の中古住宅を内覧してきました。

そこで感じたことです。備忘録のようなものです。

内覧した住宅は大手ハウスメーカーさんのもの。きっと規格住宅です。

なぜそう思ったかというと、一言でいえばデザイナされてない。敷地に対して規格型の住宅をはめ込んだだけでしょう。玄関の位置、駐車場の配置等、無駄が多すぎるわけです。

立地と価格は魅力的だけど、この家に新しい暮らしをイメージできないと感じました。

私たちは、「好きなモノに囲まれて暮らしたい!」と思える家にリノベーションをしています。

その素材となる中古住宅に求めるものは「らしさ」です。

どんなテイストの家でも、所有者の想いが込められ、その想いをカタチにしようとした施工者が関わった家は、確実に「らしさ」があります。そんな家には古くてもエネルギーを感じます。自然とリノベーションのアイデアが湧いてきます。

そんな視点で内覧してみると楽しいですよ。

立地や価格は、家選びの物差しの一つでしかありません。

中古住宅を選ぶ基準に「らしさ」はあるか!?

「らしさ」を感じながら内覧してください!


▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

28846453_m
日本の耐震基準は、地震に対する安全性を高めるために継続的に進化してきました。地震大国である日本では、過去の地震から得た教訓を基に、建築物の耐震性能を向上させるための基準が改定されています。このブログでは、耐震基準の進化についてご説明しています。ご参考になさってください!
28952543_m
中古住宅を選ぶ際、多くの方が耐震等級を気にされると思います。しかし、地盤の状態も非常に重要な要素です。このブログでは、中古住宅を選ぶ際に知っておきたい地盤の状態と耐震基準の進化について説明し、耐震性と地盤を総合的に評価することが安全な住まいを確保する鍵であることをお伝えします。
0521_0110
新しい中古住宅リノベーションのモデルハウス「広島市佐伯区美鈴が丘緑」では、床材にバーチ無垢材をふんだんに使用しています。バーチ無垢材の魅力を最大限に活かし、白を基調とした空間に温かみと上質さを加えました。