中古住宅を内覧して感じたこと。家には「らしさ」がなきゃ!

0081
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

昨日は新しいモデル物件候補のため、広島市佐伯区の中古住宅を内覧してきました。

そこで感じたことです。備忘録のようなものです。

内覧した住宅は大手ハウスメーカーさんのもの。きっと規格住宅です。

なぜそう思ったかというと、一言でいえばデザイナされてない。敷地に対して規格型の住宅をはめ込んだだけでしょう。玄関の位置、駐車場の配置等、無駄が多すぎるわけです。

立地と価格は魅力的だけど、この家に新しい暮らしをイメージできないと感じました。

私たちは、「好きなモノに囲まれて暮らしたい!」と思える家にリノベーションをしています。

その素材となる中古住宅に求めるものは「らしさ」です。

どんなテイストの家でも、所有者の想いが込められ、その想いをカタチにしようとした施工者が関わった家は、確実に「らしさ」があります。そんな家には古くてもエネルギーを感じます。自然とリノベーションのアイデアが湧いてきます。

そんな視点で内覧してみると楽しいですよ。

立地や価格は、家選びの物差しの一つでしかありません。

中古住宅を選ぶ基準に「らしさ」はあるか!?

「らしさ」を感じながら内覧してください!


▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

Fukuromachi_0061-1
もともと風格あふれるこの空間は、現代の機能性と洗練されたデザインを融合し、新しい暮らしが息づく場所へと再生しました。
Inokuchidai_0195
中古住宅のリノベーションには、新築にはない独特の魅力と可能性があります。その一つが、限られた予算内で、より創造的で自分らしい空間を実現できることです。
IMG_2149
新たなモデルハウスは3連続で広いお庭の家なんです。マイブームは「庭」昨日の休日は広島市内にある縮景園へ行ってきました。