コロナ禍により増減した支出から暮らしを考える

5090184_s

広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。


コロナ禍により増減した支出は


「巣ごもり消費」「デジタル消費」「パーソナル消費」と、言われています。


行動が制限されるのだから、消費行動も変化するのは当然です。


具体的に増減した支出は下記の通りです。


①巣ごもり消費→家の中を快適にするための家具やインテリア。外食が減ったことによる食費。

②デジタル消費→ゲームや動画、ネットショッピング、キャッシュレス化。

③パーソナル消費→移動手段の変化、通勤だけでなく旅行へ行くのも自家用車での移動。


一方、先日の日経新聞の記事にもあったように、世の中の流れは、確実に「集住」。都市をコンパクトにしていくというものです。



集住により利便性が高まるのは間違いありません。しかし、コロナ禍により増加した支出は集住することが快適な暮らしとはいえないことを証明しました。


コロナ禍により戸建住宅の需要が高まったように、多くの方が、快適な暮らしを求め広い部屋や日当たりの良い環境をもとめています。


どんな変化が起ころうが、暮らしの原点は、どこに住むかというより、どんな環境でどんな暮らしを望むかです。行政や企業が発信する世の中の流れと快適な環境が一致するとは限りません。


特に、「家が大好き!」という方であればなおさらです!


今こそ、ご自身の望む暮らしを追求しましょう!もし住宅購入に迷子になっているとすれば、表面的な情報に惑わされ、ご自身が描く暮らしを整理できていないからです。


広島市周辺で、住宅購入にお悩みの皆様!「おりいえ」では、住宅購入のご相談を無料でサポートしています。お気軽にご相談ください!

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

28846453_m
日本の耐震基準は、地震に対する安全性を高めるために継続的に進化してきました。地震大国である日本では、過去の地震から得た教訓を基に、建築物の耐震性能を向上させるための基準が改定されています。このブログでは、耐震基準の進化についてご説明しています。ご参考になさってください!
28952543_m
中古住宅を選ぶ際、多くの方が耐震等級を気にされると思います。しかし、地盤の状態も非常に重要な要素です。このブログでは、中古住宅を選ぶ際に知っておきたい地盤の状態と耐震基準の進化について説明し、耐震性と地盤を総合的に評価することが安全な住まいを確保する鍵であることをお伝えします。
0521_0110
新しい中古住宅リノベーションのモデルハウス「広島市佐伯区美鈴が丘緑」では、床材にバーチ無垢材をふんだんに使用しています。バーチ無垢材の魅力を最大限に活かし、白を基調とした空間に温かみと上質さを加えました。