第3者性のあるホームインスペクションをご利用ください。

P2130012

欧米に比べると日本は新築が中心で中古住宅がほとんど流通していません。そのため住宅投資した建物が30年程度で無価値になってしまいます。多額の資金をつぎこんだのに投資価値を生まないことを誰もが大きな問題と捉えるべきです。

このことは年間20兆円の富を失っているともいわれています。しかし、いざ中古住宅を検討しようとしてもどうせ価値がなくなるのだからと、多くの家はメンテされてないままの状態で売りに出ます。

僕らからすれば、表面的な汚れや傷はどうでもよくて、しっかりとした家は宝物でしかないのですが、一般のお客様からすれば少しでも新しいほうがいい、出来れば新築がいいというところでしょう。

なぜ宝物のような家が壊されてしまうのかでしょうか。その原因としてあげられるのがホームインスペクション(住宅診断)というサービスが認知されてないからです。

建物状況調査の制度説明が義務化されているが

001201151-1

上記画像:国土交通省 改正宅地建物取引業法の施工について


宅建業法が改正され、既存(中古)住宅の売買のさい、「建物状況調査」の制度説明であり斡旋の有無の説明が義務化されています。ただし、買主にとってこの時期とは「媒介契約時」「重要事項説明時」「売買契約時」のタイミングです。実務上ほぼ契約時です。契約時説明されても、「じゃあ調査終了して結果を見てから契約でもいいですか!」なんてことが通じるでしょうか。伝える勇気ありますか。


不動産屋さんからすれば、ホームインスペクション(ややこしくてすみません建物状況調査)なんて、面倒なものでしかなく、万が一、劣化等みつかったら話が壊れるんじゃないかと思われる方も多いようです。


そんなわけで最近でもホームインスペクションはさせない!ということはそんな少ない話ではありません。(地域によるのかもしれませんが広島ではよく聞きます)


不動産といっても幅広く宅建士免許と建物の知識は別物です。

不動産業者が重要事項説明を行うには宅地建物取引士という国家資格者でなけれなりません。あなたの担当者が宅建士の場合でも(事業者5人につき1人いれば営業できるものです。あなたの担当者が宅建士とは限りません。)建物についてのスキルは高くはありません。


重要事項の説明とは、権利関係やインフラ、建物の築年数や間取りやリフォーム履歴。中古住宅の不安を払しょくしたい皆さんが求めている情報ではありません。


その不安を取り除くことが出来るのがホームインスペクションです。残念ながら利用者は僅かばかりです。

欧米では当たり前とされているのがホームインスペクションです。中古戸建住宅を購入する際には利用すべきサービスです。

ホームインスペクション(住宅診断)のメリット

建物の専門家が診断するので安心。
住宅診断時に同席することで専門家からアドバイスを受けることができる。
建物の状態を把握したうえで購入できる。
補修費の目安もつきやすい。また、将来的なメンテナンス計画も立てやすい。
建物の状況を把握できるので根拠をもって判断できる。
報告書を発行することでリフォーム工事の際も役立つ。

ホームインスペクション(住宅診断)のデメリット

不動産仲介業者や売主側に断られることもある。(ここ広島ではまだまだよくある)
診断日時の調整が必要であり、報告書提出まで時間が必要。
診断者、業者により、サービスの質・内容が異なることがある。
第3者性を有してない場合、公正な診断ができない場合がある。
目視・計測によるところが多く、目視できないところもある。

ホームインスペクション(住宅診断)は第3者性にこそ意味がある!

a3ea9db5e3b787279b2f9443e4ea0190-1

最後に、ホームインスペクションを利用するにあたり重要なことはデメリットをいかに潰すかです。せっかく病院に行ったのに病気が見つからなかったでは困りますよね。目視が中心とはいえ、いかに見逃しをなくすか。そのためにどんな研鑽を積んでいるかが重要です。


表面だけ化粧して誤魔化した、「トンデモナイなんちゃってリノベーション住宅を買ってしまった。」こんな中古流通促進に不安を覚えるような話も聞こえてきます。買ってはいけないトンデモナイ家を見逃さないためには、ホームインスペクションでどのような検査をしているかが重要です。


いいお医者様もいればヤブ医者やモグリノの医者までいるように、住宅診断をしている業者も同じです。任意団体だったり、建築士等一定の資格者が講習を受講することで認定されたり、場合によっては勝手に名乗ったりしている人だっているはずです。不動産屋さんやリフォーム屋さんと結託されてちゃたまりませんね。


ホームインスペクションはぜひ利用してほしいサービスです。加えて利用するなら大切なのは第3者性です。そのためには、自分自身が信用できるホームインスペクターを見つける!ホームインスペクションを本当の意味でメリットにかえましょう。


中古戸建住宅で安心安全な暮らしを実現してください。




▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

3316666_m
なぜ不動産市場が成熟してないかといえばホームインスペクションが普及していないからです。家の状態を目利きできるプレイヤーとしていないということです。なので、中古住宅には宝物がいっぱいということです。中古住宅購入ホームインスペクション(住宅診断)お忘れなく!
e8ecac067e2d081b9cef8afc3e9c31e7-2
中古住宅購入も安心してください。業界的にどうかと思うことも、インスペクションや瑕疵保険、何を注意すべきかを皆様が知ってさえいればいいのです!
a3ea9db5e3b787279b2f9443e4ea0190-1
表面だけ化粧して誤魔化した、「トンデモナイなんちゃってリノベーション住宅を買ってしまった。」こんな中古流通促進に不安を覚えるような話も聞こえてきます。買ってはいけないトンデモナイ家を見逃さないためには、ホームインスペクションでどのような検査をしているかが重要です。