シロアリ被害の中古住宅を買わないために!

2
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

家にとってヤバイやつの一つがシロアリです。

私はこれまでシロアリを見つけたことはあっても、家に影響を与えるほど被害にあった物件には遭遇していません。しかし現実として、ヤバイ物件はあるわけです。シロアリの被害により構造上問題のある家を購入しないためには、どんなことを注意すべきか簡単に解説していきます。

こんな中古住宅はシロアリ被害にあっているかもです。

3
①シロアリは梅雨のシーズンに活動的になるといいます。所有者へ羽アリを見たことがあるか確認しましょう。

②所有者に5年以内に防蟻処置を施したか確認しましょう。業者さんが防蟻をする前にチェックしています。防蟻の保証もおおむね5年です。

③床がプヨプヨしたりする場合、構造材に被害がある可能性があります。

④柱をたたくと空洞音がする場合、構造材に被害のある可能性があります。

⑤一番見分けやすいのは基礎周りや床下に冒頭の画像のような蟻道がある。

⑥床下が湿っている。

自分でチェックするには無理があります。

簡単にシロアリ被害の可能性がある中古住宅の状態を列記しました。

とはいえ、ご自身でチェックするには無理がありますね。

「おりいえ」でも、自分達でチェックしますが、購入後専門業者さんへもチェックしていただいています。



チェックしておけば対処はできる。

現在リノベ中の西区井口台の家も、チェックしようのない在来風呂の土台はシロアリに食されていました。こちら⇒タイル張り在来風呂 シロアリ被害がありました。(私の経験では、多くの場合はこのブログ画像程度で飛び立ってくれています。)

現実問題、基礎外断熱で温かくシロアリさんの居心地のよい環境や、長い間空き家だった家のシロアリ被害はどうしようもないものがあります。

シロアリ被害のあるどうしようもない物件を買わないため、逆に過度に中古住宅を恐れないために、専門家にチェックしてもらいましょう。

そうすることで本当にヤバイ物件を購入することはありません。仮に、シロアリ被害にあっていたとしても対処方法やその予算の目安はたちます。

中古住宅購入時の問題は、後から、思いもよらない出費が発生してしまうことです!

ご注意ください!


追伸

現場の進捗や普段着の活動はインスタストーリーズで発信しています。
フォローしていただけると喜びます。



https://www.instagram.com/ori_ie/

instagram-sidebar-1

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

2-4
こちらのブログではどんなひび割れ・欠損を注意すべきかをまとめます。
2
シロアリの被害により構造上問題のある家を購入しないためには、どんなことを注意すべきか簡単に解説していきます。
P3100023
タイル張り在来風呂は、基本的に水漏れはあるもの、劣化があるもの、もしかするとシロアリ被害にあっているかも?そのくらいのイメージをもってリノベにあたっています。