古い階段手摺と新しい空間が調和して和モダンな感じ!

10-1
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

中古住宅リノベーションは、古い素材を再利用する面白さにあると思っています。

特に古き良き時代の中古住宅には、こだわりの材を利用した家が多くあります。

このブログでは、そんなこだわりの階段手摺を再利用して和モダンにリノベーションした空間をご紹介します。お付き合いいただけると嬉しいです。

良いモノは良いんです!ビンテージハウス最高!

11-1
オーダーしなければない階段手摺!
古いから廃棄という選択はありません。


昔も今もデザインされたこだわりの家は美しい!

12-1
玄関ドアと玄関収納のかまちも格子です。
デザインされた家というのは時代に左右されない美しさがあります。

残念ながらこちらの家は当初のオーナーから前所有者へ美しさが引き継がれなかったようです。(この家の価値がわかっておられなかったようです。とても雑にあつかわれていました。まぁ~人それぞれですからね。)だからこそ私たちと巡り合えたということでしょう。超ラッキーです。

ちなみに古く汚いだけならリノベーションでどうにでもなります。

拘りのデザインを引き継ぎ和モダンな空間にリノベーションしました。

Satsukigaoka_0021
アプローチから玄関を入り、階段吹き抜けからセカンドリビングに至るまでのデザインは和モダンな空間にリノベーションしました。

日本人のDNAなのか?和モダンの空間は懐かしさも相まってとても居心地の良い空間です。普通の暮らしが自然と心と身体が整えてくれるように感じます。

この家は、当初のオーナーと想いを共有した建築家との出会いが素材選びからデザインへのこだわりまで通じ合ったものだと想像しました。

リノベーションの仕事をしていると、家の先輩である関係者へ、恥じないリノベーションをしなければならないと身が引き締まります。というか、そういう物件を探しだしリノベーションすることが面白くてたまらないんです。

話がそれました。リノベーションとは、こだわりのデザインを引き継ぎ、足らないところを足し、今の時代にあった暮らしに再生する仕事だと思います。この家のリノベーションデザインの決め手の一つがこだわの階段手摺です。

中古住宅リノベーションにおいて、古い素材を残すってとても素敵な選択だと思います!中古住宅を内覧する際はこだわり素材がどう使われているかを探してみてください!色々な気づきがありますよ!

リノベーション後の全体デザインはこちらをご覧さい。

心と身体を整え暮らしで遊ぶ!


/////////////////////////

現場の進捗や普段着の活動はインスタストーリーズで発信しています。
フォローしていただけると喜びます。



https://www.instagram.com/ori_ie/

instagram-sidebar-1

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

8
こだわりの良質な家具をリペアしてビンテージ感たっぷりの空間にリノベーションした事例をご紹介します。
1-6
リフォームにしろ、リノベーションにしろ、クロスの張替えはされるはず。その時は照明計画を見直すチャンスです!
11-2
こだわりの桧の羽目板を再利用しビンテージ感たっぷりの空間にリノベーションした事例をご紹介します。