古い家具と新しい空間が調和してビンテージ感たっぷり!

8
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

良い住宅には良いデザイン、良い素材、良い家具が使われています。

その家が紡いできた物語をリノベーションするためにも、放置された家具をリペアする選択はありだと思いいます。

このブログでは、そんなこだわりの良質な家具をリペアしてビンテージ感たっぷりの空間にリノベーションした事例をご紹介します。お付き合いいただけると嬉しいです。

ゴミのなかにはお宝がある!

P8300040-1
相続を理由とした中古住宅の売却物件は、荷物がいっぱいで足の踏み場もないような状況だったりします。一見ゴミでいっぱいと思うかもしれません。しかし、この中にお宝が結構あるんですよ!

どうです?上の画像にあるテーブルとイス!

この家具、ネットで調べたらプレミアム価格がついていました。
テーブルなんていくらするんだろう?というほどの良質な「材」です。


ゴミと思わない!宝物さがしをしているんです!

A7305786-HDR
プロにリペアしてもらったアフター画像が↑のダイニングテーブルです。

あと50年は受け継がれる家具として再生できました。

家も残像物もゴミと思えば解体費用に処分費用が発生します。しかしリノベーションする視点であれば宝物探しをしているようなものです。

モノによってDIYで超コストダウン!

11-3
10-2
同じ家にあった家具です。

こちらもそれ相当の値打ちもの。
ダイニングテーブル同様、プロにリペアを依頼することも考えました。

しかし、キリのタンスをリペアするのは想像以上のお値段。

プロのリペアは断念してDIYしたのが↑の画像です。

DIY後が↓の画像です。
12-2
13-1

家のデザインとは暮らしをデザインする事なんだと教わりました。

はっきりいって超雑なDIYでした。それでも、家のデザインに合わせた家具だからでしょう。

自分でいうのもですが違和感なく空間にフィットしました。

この家のリノベーションをして教わったのは、家のデザインとはキッチンは対面がいいとか、リビングは何畳欲しいとか、家の容器を何となく作りこむのではないということです。

家という容器でどんな暮らしをしたいかをデザインすることが重要です。この家はそれがデザインされていた。リノベーションもこの家のデザインを壊すことなく引き継ぐことからスタートできました。

結果として、楽しいことが再び始まる家に再生できました。

新しいリノベモデルもどんどん完成しています。
現在見学できるのは広島市安佐南区山本
そして新しく広島市西区井口台にモデルハウスが完成します。

注文住宅では高すぎる、分譲住宅では物足りない。そのように感じている皆様、是非、中古住宅リノベーションをご見学ください!

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

28846453_m
日本の耐震基準は、地震に対する安全性を高めるために継続的に進化してきました。地震大国である日本では、過去の地震から得た教訓を基に、建築物の耐震性能を向上させるための基準が改定されています。このブログでは、耐震基準の進化についてご説明しています。ご参考になさってください!
28952543_m
中古住宅を選ぶ際、多くの方が耐震等級を気にされると思います。しかし、地盤の状態も非常に重要な要素です。このブログでは、中古住宅を選ぶ際に知っておきたい地盤の状態と耐震基準の進化について説明し、耐震性と地盤を総合的に評価することが安全な住まいを確保する鍵であることをお伝えします。
0521_0110
新しい中古住宅リノベーションのモデルハウス「広島市佐伯区美鈴が丘緑」では、床材にバーチ無垢材をふんだんに使用しています。バーチ無垢材の魅力を最大限に活かし、白を基調とした空間に温かみと上質さを加えました。