造成地の盛土と切土の注意点

PB230048
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

日本の国土は、山間部が多いため、もともと平坦なところばかりではなく、傾斜地を造成した宅地も数多く存在しています。特に広島県は山を削り谷間や山の斜面に土を盛るなど盛土(もりど)と切土(きりど)による造成地が多く存在します。

この記事は盛土と切土についてご説明させていただきます。ご参考にしてください。

盛土とは?切土とは?混在した宅地とは?

aa26426f95aa140606a73e229d708bfe

「盛土」「切土」はその言葉からも分かるとおり、盛土は元の地盤面に土砂を盛り上げたものです。転圧(締め固め)や地盤改良工事が不十分な場合は軟弱地盤になり、強度に不安が残る場合があります。


それに対して切土は元の地盤が残るため、比較的安定しています。


また、上の図の「宅地」は一つの宅地の中に盛土部分と切土部分が混在しています。地盤の強度が異なることによって不同沈下の原因となることがあります。


 

宅地を選ぶ際の注意点

新しく盛土された地盤は3年から5年程度で沈下や圧縮が落ち着くとされていますが、盛土の内部にコンクリート片や廃棄物、大きな石あるいは木の根などの混入があるときは、空洞ができたり木の腐植が進んだりすることによって、10年近く経たないと安定しないこともあるようです。

 

さらに、擁壁から1メートル以内くらいの部分は転圧不足になりがちで、部分的な地盤強度不足が生じることもあります。とくに造成から間もない時期に分譲される宅地では、十分な注意が必要です。

 

また、盛土は傾斜地だけでなく、水田や湿地などの埋立地や谷埋め盛土地などもあります。とくに大規模な谷埋め盛土地は、大地震などにより数十戸単位で崩れて流れることがあるため十分な注意が必要です。年数を経た傾斜地の盛土でも、大地震によって崩れることがあります。


広島市近郊の方であれば、こちらの記事が参考になります。合わせてお読みください。


広島市の大規模盛土造成マップを不動産の購入判断に利用する。


宅地を選ぶ際の最終チェック

 盛土や切土によって地盤面に高低差が生じた造成地、あるいは過去の埋め立てなどが考えられる造成地の住宅や土地購入を検討する際には注意しましょう。


現場によっては造成工事に関する図面等があります。場合によっては業者に資料の提示や説明を求めてみてください。ただし、工事年代が古い場合などは不動産業者による調査で関係資料を入手できないこともあります。地盤強度が気になる土地の場合には、地盤補強工事費用を見込んでおくことなども考えておくことをお勧めします。


また、建売住宅を購入する場合は、建築する前に地盤調査を実施しています。報告書をもとに適切な地盤補強工事がなされているかの説明を求めましょう。



広島市で中古戸建住宅の最終チェックは!

中古戸建住宅の場合、軟弱地盤に建築された住宅は擁壁が傾いていたりします。また、建物が一定方向へ傾斜したりしています。

新築では気づかないことも中古住宅であれば歴史が証明してくれているともいえます。アトランタへ不動産研修へ行ったときのガイドさんが、「新築はちゃんとつくられているかどうか不安だけど、中古住宅なら欠陥があれば症状にでている。それを、チェックするためにホームインスペクションというサービスがある。」と、言われていたのを思い出しました。

中古戸建住宅を購入する際は、是非、不動産調査と合わせホームインスペクションをご利用ください。!


▼ 最新のカテゴリ―記事はこちら ▼

GS088_72A
新型コロナウィルスにより、働き方をはじめ行動様式は大きく変化しました。行動が変われば求められるものも変わります。おうち時間が増えたことにより、家に求める条件も変化しているようです。
2015-01-04-13.58.09
放置された空き家対策になるか。所有者不明土地関連法案が成立しました。この法案は「所有者不明土地の発生予防」と「所有者不明土地の利用円滑化」のためのものです。
2959992_s
多くの方は新築でも中古住宅でも建物の内覧は大雑把です。「何となく綺麗」「何となくこのイメージが好き」表面的に内覧するだけで細かいところまで見学する人は少ないように感じます。内覧方法なんて分かりませんよね。そこで、このブログで内覧時のチェックポイントをまとめてみました。ご参考になさってください。