廿日市市宮園上「中古戸建住宅×リノベーション」フローリングの追い張り。

P7290021
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

廿日市市宮園上の途中状況です。

こちらの物件、劣化も少なく程度もよいためスケルトン解体はしませんでした。

床は追い張りで空間を一新します。

床材はオークの無垢材です。これまで使用してきたものより幅広なモノを使っています。せっかくのブログなのでフローリングの追い張りについてご説明します。リフォームの際の参考にしてください。

フローリングの追い張りとは

フローリングの追い張りは「重ね張り」「上張り」とも言います。言葉通り、既存の床の上に新しいフローリングを貼るから、既存の床を撤去する手間も時間も費用も不要です。

フローリング追い張りのメリット

〇既存フローリングをはがさないからゴミが出ない
〇工事の短縮
〇解体手間、処分費がいらない。
〇既存フローリングの上に貼る分強度が出る

フローリング追い張りのデメリット

〇フローリングの厚みが増える。

もともとがバリアフリーの住宅であれば重ねる分段差が生じます。だけど、古い住宅はもともと段差があるため段差解消につながります。

掃き出しサッシ等は、段差が生じるためアングルを入れるなどして納めます。


フローリング追い張りの注意点

こんな書き方したら追い張りのほうが得に思えますね。コスト的にも時間的にもお得なのは間違いありません。

注意点として、床鳴りや沈みがある場合、追い張りしたら解決するということではありません。根太や束石などの劣化が原因かもしれません。他にも、床に断熱材が入ってない場合、床下から断熱材を入れることを考えるべきです。また、防湿シートを新たに敷き詰めたりするなども検討したいものです。

安価だから早いからという理由も大切ですが、リフォームするのであれば、しっかりと費用対効果を考え後悔のない選択をしましょう。

廿日市市で中古住宅購入のご質問等はお気軽にお問い合わせください。

img_a003
見た目が綺麗でも中古住宅には買ってはいけない物件は多くあります。逆にボロボロでも宝物のような中古住宅もあります。そんな中古住宅の購入には中古住宅の取引に精通した不動産会社選びが重要です。「おりいえ」では、新耐震基準・旧基準も含め、インスペクションを通じて購入者に必要な情報を積極的にお調べいたします。お気軽にご相談ください。

【おまけ】 Selfinでは、売り出されている中古物件の価格が高すぎたり、安すぎたりしないかを判定いたします。ご利用は無料です。ぜひ、ご活用ください。



▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

JC006_72A
築5年でも無理なデザインにより雨漏れが発生している家もあれば、築後40年経過していても定期的にメンテを加えて安心して住み続けることのできる家もあります。中古戸建住宅は築年数で判断すべきではありません。
Satsukigaoka_0061
「カッコいい家に住みたい」「自分らしい暮らしをしたい」こんな想いをお持ちの方にはリノベーションはとても魅力です。しかし、リノベーションだから何でもできるかといえば違います。できないことも多いのがリノベーションです。
P8100067
今月中に建物リノベ工事終了。それからエクステリア工事をしつつ、インテリア工事、ステージングして撮影です。公開は10月末を目指します。(予定)