広島市佐伯区五月が丘「中古戸建×リノベーション」床の断熱

IMG_0490-1

床材を撤去したところです。
住宅に初めて省エネ基準が制定されたのは1980年(昭和55年)
新しいモデルは、新築年月日が昭和55年6月
省エネ基準設定前に着工しています。

寒い冬は炬燵でミカン。暖をとる思考です。断熱材が入ってたほうが快適らしいよ!程度です。このころの家は、経験上でも壁の断熱は欠損してて当たりまえくらいの感じです。床下の断熱施工されてなくて当たり前です。
80a48a61b7d755f6c4b496a4229d5f69

そんなわけで床断熱材を入れてるところです。

3faaa920eda4e9f90bb39525de56c5d9

断熱材を入れ根太の上に構造用合板12㎜を貼った画像です。

この上に床材を貼ります。

大工さんが入ると現場はあっという間に進みます。
昨日降った雨で桜も散り始めました。
何時までも花見気分ではいけませんね。

そろそろクロス決めなきゃです!

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

6-6
家の印象は外壁で大きく変わってしまいます。外壁デザインはもちろん素材や色についても同じです。
3-13
令和3年度 住宅市場動向調査報告書(国土交通省 住宅局)によると、分譲住宅取得世帯で中古住宅にしなかった3位は隠れた不具合が心配だったから(28.1%) とあります。
2-13
既存(中古)住宅を選んだ理由は、既存(中古)戸建住宅取得世帯で「予算的にみて中古住宅が手頃だったから」が 63.4%で最も多いようです。