広島市佐伯区五月が丘「中古戸建×リノベーション」屋根補修工事

P4120039
ブログ更新が追い付いていませんが新しモデル順調に進んでます。

今日は屋根の補修工事についてアップさせていただきます。

上の画像、パット見綺麗でしょ。

実は凍害による割れが数十枚。
2-1
アップ画像です。

※凍害とは、水が氷ると体積が大きくなる現象によって発生するもの、長年にわたる凍結と融解の繰り返しによって瓦が徐々に劣化することです。

そして屋根谷部分の板金が下の画像です。

P4200008

穴が開いてるのをコーキングで補修していました。

中古戸建住宅を購入するにおいてはこのような事例はよくあります。

もし気づかず購入してしまったら補修費用が発生します。補修費用+足場代=結構な出費になるはずです。こんな失敗をしないためには中古戸建住宅購入時にはホームインスペクションを利用しましょう。
P4220006

凍害の瓦も、谷板金も差し替えました。

ついでに漆喰も塗りなおしました。

漆喰の「白」が美しい!

原価アップ以上の価値が加わりました!!

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

6-6
家の印象は外壁で大きく変わってしまいます。外壁デザインはもちろん素材や色についても同じです。
3-13
令和3年度 住宅市場動向調査報告書(国土交通省 住宅局)によると、分譲住宅取得世帯で中古住宅にしなかった3位は隠れた不具合が心配だったから(28.1%) とあります。
2-13
既存(中古)住宅を選んだ理由は、既存(中古)戸建住宅取得世帯で「予算的にみて中古住宅が手頃だったから」が 63.4%で最も多いようです。