広島市安佐南区ちょうどいい郊外の物件 先行工事着手しました。

1
先日、新しい「おりいえ」の物件としてご紹介させていただいた

「田園風景の広がる広島市安佐南区のちょうどいい郊外!」こちらの物件

先行工事に着手しました。

解体工事です。

P7130068
実は家の奥はこんな感じで平屋と二階建てがあるんです。
「おりいえ」として、本当は建物は壊したくない!

しかし、残すべき建物と、壊すべき建物は冷静に判断します。

リノベーションすることでワクワクできる建物にならないのなら壊すべきです。


可能なら土地は広いほうがいい!

P7130065-1

私たちは、日当たりも、風通しも、プライバシーも、土地が広ければ少々込み入った場所でも快適な暮らしはできると思っています。お金を無視すれば、できるなら土地は広いほうがいい。

土地を小さく区切るよりも大きな土地として販売することに決めました。実際のところ道路事情の関係で3区画に割ると、一番上画像の家を崩さなきゃならないからというのもあるんですけどね。そこは内緒。

皆さんも、購入可能であれば土地は広いほうがいいでしょ!

そんなわけで、予算もちょうどいい価格。のはず。
ちょうどいい価格でちょうどいい郊外。(山本です。)

土地はゆったり80坪前後で土地売りをします。

もちろん建築条件はありません。
ご興味がある方は、お気軽にご連絡ください。


追伸 
前面の建物は少し遅れてリノベーション工事に入ります。
こちらもご期待ください。


近況報告でした。

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

Satsukigaoka_0100
ポータルサイトで立地や価格を入力して家や土地を探しても、なかなか満足のいく物件に巡り合えない…そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?このブログでは、家を単なる「住む場所」としてではなく、アートとして捉える視点から、家探しにおいて大切にしたい考え方やスタイルについて解説します。
IMG_0852
中古住宅の購入を検討する際、既存住宅売買瑕疵保険の付帯された物件は、多くの利点を提供します。このブログでは、既存住宅瑕疵保険付き中古住宅を選ぶことの主なメリットを5つ紹介します。
27333432_m
現代の不動産市場は、地価と建設費の高騰が進む中、販売を促すために価格を抑えた狭小住宅が数多く供給されています。しかし、このような住宅が本当に僕たち求める価値を提供しているのでしょうか?そんな疑問を強く感じる「おりいえ」の願いはタイトル通り「狭小住宅の誘惑を超えて質の高い生活空間を求めて欲しい」です。