眺望は飽きる!は嘘。外部空間を利用できない建売を売るための方便です。


コロナでいろいろ行動が制限されますが気持ちのいい季節です。
空を見上げるだけでも心が晴れます。

庭にグリーンがあれば窓を開けて風を入れればちょっとしたリゾート気分。
家キャンプなんていかがでしょう。

そんなわけで今日のブログは窓とお庭ついて感じることを。
P2130789.ORF_

戸建の魅力は何といってもお庭があることです。

家の中でバーベキューするよりもまさにこんな季節はお庭でバーベキューしたいですよね。

なのに、戸建の魅力であるはずのお庭が全く生かされてない家が多い。

戸建を購入される方はお庭なんて興味がないのでしょうか?

そういえば、建売住宅のキャッチコピーには「普通車4台駐車可」なんてうたわれます。そんな大家族どれだけいる?そんな突っ込みを入れる前にお庭はすべてコンクリートです。苦笑いするしかないのでしょうか?(汗)

こんな家では窓からの景色なんて考えられてません。
こんな季節のいい時期も窓は閉じてカーテンが引かれているのでしょうか。。。

なので、新築時に植えられて木々は切られたり、上の画像のようにどうしようもないほど伸び切ってしまいます。古い建物がより古くボロボロに見えます。

眺望なんてすぐ飽きる!これは、狭い土地に建ち並ぶ建売を売るための営業トークです。五感が喜ぶ気持ちいい場所が飽きるはずないじゃないですか!

はっきり言うと、家に気持ちい場所を探してないだけです。気づいてないだけなんですよ。なので、中古戸建にはそんな気づかれてない宝物がいっぱいあるわけです。(高度成長期を生きた先輩方は猛烈に働き、家でのんびりする時間なんてなかった時代でもあるのでしょう。)

話が飛びました。

五感が気持ちいいと感じる眺望や空間が飽きることなんてありえない。美しいものが嫌いな人なんていませんよね。大好きな空間はますます好きになる。そんな空間は、より快適な場所にするために、より美しい空間にするため暮らしはアップデートするものです。
P6170395-1
同じ空間も、木々を剪定してあげれば抜けた景色が気持ちいいお庭へ変えてくれます。

狭い敷地でも気持ちい場所を探せばきっと間取りもお庭利用も変化します。気持ちい場所を探した結果、2階リビングになったりというのも注文住宅では当たり前です。一方で、2階建て建売でリビング2階なんてほとんど見たことありません。

気持ちい季節は窓を開け風を入れましょう。気持ちい場所が家にあれば自然とそんな暮らしになるものです。なければ探せばいい。きっとあります。

これから家を購入しようとする人は、気持ちのいい場所がどこにあるかを探してみてください。

家が一番好きな場所であるために!!