家が語る暮らしの物語

Inokuchidai_0174-2
広島市で中古住宅リノベーションを手掛ける「おりいえ」です。

家は、僕たちの日々の生活、喜び、夢、それら暮らしを形作る場所です。朝日が窓を通して家を照らす瞬間から、夜の静けさが部屋を包むまで、家は僕たちの生活を語ります。

このブログでは、住宅選びが、どのように僕たちの暮らし空間を創造するかを探ります。家は、ただの居場所ではありません。人生の物語を語る舞台装置です。

美しさと機能性

Inokuchidai_0094-1
暮らしやすさは機能性から始まります。

無駄な動線やちぐはぐな窓の配置など、機能性が低いと使い勝手も悪くなります。

これは、デザイン面においても美しさを損なう原因です。

住宅を選び始める際は、どんな家を望むかの先にある、どのように暮らしたいかを深く考えることが重要です。

暮らしの中の美学

Inokuchidai_0223
機能性とは家の間取りとして表現され、僕たちの日々の生活を形作ります。

よい家は、家がどのように暮らすかを表現してくれています。なので、コンパクトなデザインとコスト削減へとつながります。

結果として、高品質な素材や高性能な機能にお金をつぎ込むことが可能になります。

このような空間は、住む人の暮らしの美学が反映された家になります。

新築を検討する場合の注意事項

Inokuchidai_0165
新築(特に注文住宅)は理想を実現する手段かもしれません。

しかし昨今の、地価や建設コストの高騰により、経済的な面が優先されがちです。

注意すべきは、暮らしを重視した設計が置き忘れてしまう傾向にあることです。

特に、予算が合うからといる理由で、分譲住宅を検討している人は注意してください。

その家に、あなたの暮らしの物語が描けるのか?

Inokuchidai_0238

誰もが理想の暮らしを夢見ています。価格や立地に基づいて妥協点を見つけるのは自然なことですが、その妥協の中に理想の家の物語が詰め込まれているでしょうか?


家を購入する際には、理想の物語が反映されているかどうかを最も重要視すべきだと考えています。実現するには、その物語を描くために何が必要か、何を補えばよいか、もう一歩踏み込んで考える必要があるはずです。


最後までこの記事をお読みいただいた方は、多分に、今、家をどうすべきか悩まれている方だと思います。


そんな方は、もう少し、立地を広げる、予算を高めてみてください。(中古リノベーションもその選択の一つ)これまでとは違う物件、業者、人との出会いがあるはずです。


きっと、視界が広がります。広島市周辺であれば、どうぞ、お気軽にご相談ください。


/////////////////////////

現場の進捗や普段着の活動はインスタストーリーズで発信しています。

フォローしていただけると喜びます。

おりいえのインスタ https://www.instagram.com/ori_ie/

instagram-sidebar-4-1

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

Fukuromachi_0061-1
もともと風格あふれるこの空間は、現代の機能性と洗練されたデザインを融合し、新しい暮らしが息づく場所へと再生しました。
Inokuchidai_0195
中古住宅のリノベーションには、新築にはない独特の魅力と可能性があります。その一つが、限られた予算内で、より創造的で自分らしい空間を実現できることです。
IMG_2149
新たなモデルハウスは3連続で広いお庭の家なんです。マイブームは「庭」昨日の休日は広島市内にある縮景園へ行ってきました。