資金計画書チェック!その手数料支払う必要無いかもです。

IMG_0048
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

最近のマイブームは経済の行方。結構難解な本を買って読み込んでいます。そんな言い訳から、こんな大切な記事を見逃していました。その大切な記事というのがこちら

ローンあっせんで国交省が見解 報酬設定で「処分対象の可能性」 「1~2割の業者が該当」との見立ても


記事の重要なポイントのみ抜粋

最大のポイントは「売買媒介報酬とは別にローン手数料を受け取る行為は法令に抵触し得る」という法令解釈が明確化された点だろう。

資金計画書を今すぐチェックしてください!(売買物件価格はと別個必要な諸経費のところ。)
住宅ローン手数料等の名目がありませんか?

抜粋した記事通り、ローン手数料(銀行に支払う手数料とは別、不動産仲介会社が仲介手数料とは別に取得するローン手数料のこと)は法令に抵触し得る!と国土交通省が示したということです。

であれば、その費用は必要のない費用ということになります。(「おりいえ」では、住宅ローンの手続き等は売買を行うにあたり必要なサポート業務と捉えています。お客様から頂戴していません。)

というわけで、全体予算を示す資金計画書をチェックしてください!


▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

2-12
ネットなどで中古住宅リノベーションのメリットに新築よりコストが安い!というのを見かけます。私たちは、安易に信じてしまうと迷いばかりで混乱してしまうと考えています。
2-11
中古住宅リノベーションのメリットに、物件の選択肢が増えるというのがあります。では、本当に物件の選択肢を増やすことは可能なのでしょうか?
IMG_0048
資金計画書を今すぐチェックしてください!(売買物件価格はと別個必要な諸経費のところ。)住宅ローン手数料等の名目がありませんか?