資金計画書チェック!その手数料支払う必要無いかもです。

IMG_0048
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

最近のマイブームは経済の行方。結構難解な本を買って読み込んでいます。そんな言い訳から、こんな大切な記事を見逃していました。その大切な記事というのがこちら

ローンあっせんで国交省が見解 報酬設定で「処分対象の可能性」 「1~2割の業者が該当」との見立ても


記事の重要なポイントのみ抜粋

最大のポイントは「売買媒介報酬とは別にローン手数料を受け取る行為は法令に抵触し得る」という法令解釈が明確化された点だろう。

資金計画書を今すぐチェックしてください!(売買物件価格はと別個必要な諸経費のところ。)
住宅ローン手数料等の名目がありませんか?

抜粋した記事通り、ローン手数料(銀行に支払う手数料とは別、不動産仲介会社が仲介手数料とは別に取得するローン手数料のこと)は法令に抵触し得る!と国土交通省が示したということです。

であれば、その費用は必要のない費用ということになります。(「おりいえ」では、住宅ローンの手続き等は売買を行うにあたり必要なサポート業務と捉えています。お客様から頂戴していません。)

というわけで、全体予算を示す資金計画書をチェックしてください!


▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

P1060020
中古住宅を探す際、多くの人はその見た目で判断しがちです。表面がボロボロな家は敬遠され、不動産市場でも売れ残ることが多いです。しかし、リノベーションを前提に家を購入するのであれば、これこそが賢い選択です。なぜ、そうなのかをこのブログで解説します。ご参考になさってください。
PA270010
昨日、テレビで家の買い方に関する番組を観ていると、「これだ!」と決めつけるような偏った評論が気になりました。家の買い方に関して、特に中古住宅に関する都市伝説や誤解が多く広まっているように感じています。
4153952_m
リノベーションの魅力は、見た目や機能性の向上だけではありません。多くの人が見落としがちなメリットは、固定資産税が上昇しない点です。リノベーションで価値を高めても、固定資産税が据え置かれることが多く、長期的なコストを抑えることができます。