広島市佐伯区五月が丘 県内の住宅地の地価の上昇率トップ

Satsukigaoka_0127
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

昨日(9月21日)国土交通省が2021年度の基準地価を発表しました。日経新聞一面には、「地殻変動」と表現し、上昇した地点に目を向けると、海外の緩和マネー流入や在宅勤務による住環境の再評価という牽引力が浮かび上がる。としています。

「おりいえ」のモデルハウスのある五月が丘はまさに住環境の再評価されてるべきロケーションに位置しています。モデルハウスだけではありません。五月が丘団地そのものが再評価されているようです。

住宅地の基準地価によると、広島県内で上げ幅が最も大きかったのが広島市佐伯区五月が丘3-18-31で、前年から4.9%上昇。

再評価されるということは褒められたようで嬉しくもあります。

コロナ禍のため、ご予約制にてご案内中です!お気軽にお問い合わせください。!



広島市佐伯区五月が丘3の18の31で、前年から4・9%上昇した。
広島市佐伯区五月が丘3の18の31で、前年から4・9%上昇した。
広島市佐伯区五月が丘3の18の31で、前年から4・9%上昇した。

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

Satsukigaoka_0100
ポータルサイトで立地や価格を入力して家や土地を探しても、なかなか満足のいく物件に巡り合えない…そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?このブログでは、家を単なる「住む場所」としてではなく、アートとして捉える視点から、家探しにおいて大切にしたい考え方やスタイルについて解説します。
20230322ajina0012
利便性や経済性を重視するあまり、狭くて庭のない住宅を選びがちです。こうした家づくりの背景には、「家で何をするかどう楽しむか」という視点が欠けていることが原因の一つとして考えられます。そこで、このブログでは広島市郊外で庭付きの家を持つことの素晴らしさと、庭のある生活の魅力について解説します。ご参考になさってください!
P1060020
中古住宅を探す際、多くの人はその見た目で判断しがちです。表面がボロボロな家は敬遠され、不動産市場でも売れ残ることが多いです。しかし、リノベーションを前提に家を購入するのであれば、これこそが賢い選択です。なぜ、そうなのかをこのブログで解説します。ご参考になさってください。