広島市佐伯区五月が丘 県内の住宅地の地価の上昇率トップ

Satsukigaoka_0127
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

昨日(9月21日)国土交通省が2021年度の基準地価を発表しました。日経新聞一面には、「地殻変動」と表現し、上昇した地点に目を向けると、海外の緩和マネー流入や在宅勤務による住環境の再評価という牽引力が浮かび上がる。としています。

「おりいえ」のモデルハウスのある五月が丘はまさに住環境の再評価されてるべきロケーションに位置しています。モデルハウスだけではありません。五月が丘団地そのものが再評価されているようです。

住宅地の基準地価によると、広島県内で上げ幅が最も大きかったのが広島市佐伯区五月が丘3-18-31で、前年から4.9%上昇。

再評価されるということは褒められたようで嬉しくもあります。

コロナ禍のため、ご予約制にてご案内中です!お気軽にお問い合わせください。!



広島市佐伯区五月が丘3の18の31で、前年から4・9%上昇した。
広島市佐伯区五月が丘3の18の31で、前年から4・9%上昇した。
広島市佐伯区五月が丘3の18の31で、前年から4・9%上昇した。

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

A7305840
私たちが物件を仕入れる際、優先順位といして高いのは「家からの景色」です。ホッとできる景観があるか?ないなら創れるか?を重視しています。
5179234_s
持ち家を購入した際の頭金の割合について聞いたところ20代は1割以下が61%、30代は1割以下が67%だそうです。
3915087_m
昨日、地域相場からするとメチャお安い物件を見つけました。当然「なんで?」となります。いわゆる心理的瑕疵物件かなと考えました。