中古住宅の値引き交渉で失敗しないために!

fd436d5b3e9ac68a8242c567c480de00
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

インターネットで物件を検索された方からの問い合わせで、第一声で「いくらまで価格下がります?」といわれる方がいます。はっきり言って、そんな声にまともな答える不動産業者はいません。不動産は値引き交渉が当たり前のように考えている方は、今すぐその考えを改めて方がいいですよ。その理由をご説明します。

少しでも安く買いたい気持ちは理解します。

同じ商品なら少しでも安く購入したい。

一方で売る側は、少しでも高く購入してくれる人に売りたい。特に、思いが詰まった我が家となればなおさらです。ご注意ください。売主の気持を無視して「安くして!」では、「そんな奴には絶対売らない!」となります。

中古住宅の値引きについて根本的なこと。

ネットで見かける「●●万円の値引きに成功!」
こんなの相場を無視して値付けした物件を購入しただけです。


例えば、不動産の価格については以下のようなケースが考えられます。


売主:「2000万円で売って!」(相場は1700万円)


A不動産「高い無理ですよ」

B不動産屋「僕に任せてくれれば売れます。僕に売れない家は無い!」

A不動産へ売却を依頼した場合

A不動産の場合、適正な査定額で売りに出されているわけです。売主も、調子のいいB不動産の言うことを信じることなく、適正な査定額を妥当として売りに出しているわけです。


この場合、売主の立場で考えてみてください。値引き交渉のお客さんに売りたいと思いますか?想いでの詰まった我が家です。大事に引き継いでいただける買主に住み続けて欲しい。購入して欲しいと考えるのが世の常です。

B不動産へ売却を依頼した場合

B不動産屋の場合、適正価格が1700万円だったとしても、売りだし価格は2000万円です。どうしてもその家が欲しいという特殊事情がなければ、相場より高く購入する人はいません。

売れないから時間とともに価格が下がります。若しくは、値引き交渉によって適当な価格で折り合いがつきます。200万円値引き交渉に成功して1900万円で購入したりというケースです。さて、値引き交渉に成功したといえるでしょうか?

中古住宅の購入で値引きより大切なこと。

B不動産に依頼したケースで流通する中古住宅は値引き交渉は大切です。しかし、A不動産に依頼されたように適正価格で売り出される中古住宅は、当たり前のように問い合わせも多くなります。本当に欲しい中古住宅の場合、値引き交渉をすると、この不動産を購入することは出来なくなるかもしれません。


ネットを検索すれば、いろいろと値引き交渉術なるサイトが立ち上がります。「おりいえ」では、大切なのは値引交渉ではないと考えています。大切なことは、価値あるものを適正価格で購入することです!そのために重要なのが売出し価格の根拠です。


値引交渉の前に価格根拠を求めましょう!



img_a003
「おいいえ」では、購入判断に必要な情報を積極的にお調べします。特に、中古戸建住宅の場合は敷地に加え建物品質が価値に大きな影響を及ぼします。価値ある中古住宅を適正価格で購入していただくために全力でサポートします。お気軽にご相談ください。


【おまけ】 Selfinでは、売り出されている中古物件の価格が高すぎたり、安すぎたりしないかを判定いたします。ご利用は無料です。ぜひ、ご活用ください。

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

a3264971b043ec7a74d04bce859274c9
貴重な不動産情報は一期一会です。貴重な情報を逃さないためにも、不動産情報を取得しつつ信頼できる不動産営業を選びましょう。急がば回れです!
fd436d5b3e9ac68a8242c567c480de00
ネットを検索すれば、いろいろと値引き交渉術なるサイトが立ち上がります。「おりいえ」では、大切なのは値引交渉ではないと考えています。大切なことは、価値あるものを適正価格で購入することです!そのために重要なのが売出し価格の根拠です。
Satsukigaoka_0099
家を買うときは、様々な生活シーンを想像して家を見学しましょう。周辺を探索しましょう。特に、一目惚れした家はパット見だけの薄ぺらい家じゃないかチェックしましょう!