一目惚れした家を購入する前にチェックすること!

Satsukigaoka_0099
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

家を買うときは「雨の日、晴れの日、朝、昼、夜。」様々なシーンを想像して不動産を見学しなさい!と言います。私たちがモデル物件を購入するときは、プラスして、次のまた次の日も、この場所に佇んでいたいかと自問します。夢に出てくるかどうかが鍵です。(笑)

家の一目惚れは冷めやすい

家で朝目覚めることができたら


●お日様と一緒に目が覚めるよう設計されている寝室の爽快さ。

●目覚めたときに感じる、温度や湿度の室内環境。

●自然に囲まれた場所なら、鳥の鳴く朝や、陽の光をあびながら風に揺られる木々を感じるかもしれない。


こんなことを感じることができます。逆に


●想像以上の大渋滞

●街が迎える朝のあわただしさ


を知るかもしれません。


もちろん朝だけではありません。朝には朝の景色があり、夜には夜の景色があります。昼間の日当りを確認するだけでなくもっと暮らしを想像しましょう。これが、家を買うときは「雨の日、晴れの日、朝、昼、夜。」様々なシーンを想像して不動産を見学しなさい!といわれる理由です。


時間ごとに違う街の景色

アメリカの建築家、チャールズ・ムーアーの言葉「偉大な建築物の実感を得るために最上の方法はその建物の中で目を覚ますこと」だそうです。


一目惚れしてしまったパット見イケメンも、会話したらチャラいだけの薄っぺらい男だったというのはよくあることです。家選びも同じです。昼と夜の喧騒も静寂も知り朝を迎えることで家の居心地を知ることができます。チャールズ・ムーアーの言葉は、一目惚れは冷めるかもしれないから、じっくり検討しなさいよ言ってくれているのでしょう。


家選びは様々な生活シーンを想像しましょう。

家選びは、車で行って家の中を見学するだけではダメなんです。周辺環境もひっくるめて暮らしなわけです。窓から見える美しい隣のお庭も日常になるかもしれないし、薄汚れたカビだらけの外壁が日常になるかもしれません。



子供の通学路もスーパーの品揃えも、駅からの夜道もポジティブな環境であるとは限りません。家を買うときは、様々な生活シーンを想像して家を見学しましょう。周辺を探索しましょう。特に、一目惚れした家はパット見だけの薄ぺらい家じゃないかチェックしましょう!


img_f003
「おりいえ」では、積極的にお客様が気になるであろう情報を提供しています。広島市周辺で家の購入をご計画の方はお気軽にご相談ください。不動産調査はもちろんライフプランからホームインスペクションまで不動産に精通したプロがサポートさせていただきます。



【おまけ】上の画像は、希望条件を入力すれば、売り出し開始から24時間以内のほとんどの不動産情報を毎日お届けします。ご利用は無料です。お気軽にご利用ください。

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

P1250004
安佐南区の「ちょうどいい郊外の家」この家は、昭和49年7月新築の築48年の家です。一般的に言われている日本の家の寿命は30年程度ですから、こんな古い意をリノベーションするの?と、思われる方も多いでしょうね。
4804748_m
このブログでは、2022年~の中古戸建・中古マンションに絞った住宅ローン減税についてご説明します。ご参考になれば幸いです。
IMG_1972
家具の組み立て&ステージング。先日終了しました。これで内部はほぼ完成です。外構工事、撮影、広告打合の後、2月中旬公開を目指します!