ほどほどの新築よりカッコイイ中古住宅のほうが良い背景とは?

20230828_274
広島市で中古住宅リノベーションを手掛ける「おりいえ」です。

日本の都市開発は長きにわたり、スクラップビルドと呼ばれ造っては壊しを繰り替えしてきました。醜い新築も壊し土地として売ればそれでよかったのです。


しかし、これからは違います。


このブログのタイトルは控えめに「ほどほどの新築」としましたが、本音は醜い新築もいっぱいでしょ。そんな新築を買うのはリスクだと本気で思っています。


そんなわけでブロブにしてみました。お付き合いください。

新築から中古住宅への時代背景

de96c7bbd2b2b553d2014ad76bd41ea3

人口が増え都市に人が集中し、新築必要とされていた時代が長く続きました。


しかし、今では地方都市の空き家問題や都市部の空家対策まで、より持続可能な住宅市場への転換が必要とされています。


新築を建てればいいという時代ではありません。





醜い新築よりカッコイイ中古住宅リノベーション

IMG_8370

醜い建築物も数年すれば壊せばいいという時代ではない以上、醜い建築物は長きにわたり利用されることなく周辺環境さえも壊してしまうリスクがあります。(空き家問題に象徴されています。)


これからは、醜い新築をたてるよりも、魅力的な中古住宅を選ぶ時代ではないでしょうか。


良質な中古住宅を選び、リノベーションを通じて、古い建物に新しい命を吹き込み、個性と価値を再発見してみてください。これまで以上に視界が広がりますよ!


中古住宅の魅力と可能性

20230828_329

僕たちは、中古住宅市場はただの「古い家」ではなく、無限の可能性を秘めていることを知っています。


リノベーションにより、住宅選びの新たな基準と美しさを住宅選びの選択に入れないのは何故?と不思議に思うほどです。。

新築に納得できない方は中古住宅リノベーションをご検討下さい。

20230828_360

新築では今一歩納得できない方は、新築の枠を超えて、中古住宅リノベーションという選択も視野に入れてみてください。


そうすることが、街を、家を、より美しく豊かな空間へと変えるための第一歩でもあるのです。今こそ美しさという価値が再評価される時です。


「おりいえ」では、これからも、美しい建物が豊かな生活にどう貢献するかを考え、健全な中古住宅市場の形成に貢献します。住宅購入に関するご相談は、いつでもお気軽にどうぞ!





//////////////////////

現場の進捗や普段着の活動はインスタストーリーズで発信しています。

フォローしていただけると喜びます。

おりいえのインスタ https://www.instagram.com/ori_ie/

instagram-sidebar-4-1

▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

28846453_m
日本の耐震基準は、地震に対する安全性を高めるために継続的に進化してきました。地震大国である日本では、過去の地震から得た教訓を基に、建築物の耐震性能を向上させるための基準が改定されています。このブログでは、耐震基準の進化についてご説明しています。ご参考になさってください!
28952543_m
中古住宅を選ぶ際、多くの方が耐震等級を気にされると思います。しかし、地盤の状態も非常に重要な要素です。このブログでは、中古住宅を選ぶ際に知っておきたい地盤の状態と耐震基準の進化について説明し、耐震性と地盤を総合的に評価することが安全な住まいを確保する鍵であることをお伝えします。
0521_0110
新しい中古住宅リノベーションのモデルハウス「広島市佐伯区美鈴が丘緑」では、床材にバーチ無垢材をふんだんに使用しています。バーチ無垢材の魅力を最大限に活かし、白を基調とした空間に温かみと上質さを加えました。