夫婦の絆と住まい選び - コロナ禍で変わった働き方と暮らし方

7098dd64d2683d6bb051d2cc2e0271a9-2
広島市で中古住宅リノベーションを提供している「おりいえ」です。

「夫婦仲がよくなければ家は買わない!」僕が住宅営業を始めたばかりの頃に教わったこの言葉は今も記憶に刻まれています。


この言葉は、単に家を選ぶという行為が、夫婦間の絆や理解を深め、家族の幸せを追求する過程であることを教えてくれました。何故なら、この仕事を通じ、家はただの容器ではなく、家族が時間を共有し、記憶を紡いでいく重要な場所と教えてもらったからです。


僕の経験則に基づいた「夫婦の絆と住まい選び - コロナ禍で変わった働き方と暮らし方」について記事にしました。ご覧いただけると嬉しいです。

夫婦の協力が求められる住宅ローン

最近では、住宅ローンの借り入れは、夫婦共同債務という形が一般的になってきました。夫婦が共に働き、共に返済するという形です。つまり、住宅を手に入れるためには、夫婦間の協力が必須となるわけです。この点からも、夫婦間の絆や理解がいかに重要であるかがわかります。

テレワーク時代の住まい選び

コロナ禍を経験し働き方は大きく変わりました。特にテレワークの普及により、家が単に生活をする場所だけでなく、働く場所でもあるという新たな価値観が生まれています。そのため、住まい選びには、働き方や生活スタイルが大きく影響するのです。

夫婦仲を深める住まい選び

住まい選びは、夫婦が共に夢への決断を下す大切な選択です。その選択は、ただ単に快適な生活を送るためだけでなく、夫婦仲を深め、家族の幸せを追求するための重要な一歩です。


突き詰めるのは楽しくもあり面倒でもあります。紙一重と言っていいでしょう。だからこそ、夫婦仲がよくなければ喧嘩が勃発します。そんな困難も一緒に乗り越えることができる夫婦だけがゴールできるのです。

最後に、夫婦の絆と住まい選び

夫婦の絆が住まい選びにおいていかに重要であるか、このブログを通して感じていただけたでしょうか。


家選びは、家族の幸せを左右するだけでなく、新たな生活スタイルを築く上でも重要な選択なのです。新たな働き方、暮らし方を追求するために、夫婦の絆を深め、夫婦ともに新しい住まいを選ぶことで、より良い生活、より深い絆を築くことができます。


そして、その住まい選びによって夫婦の絆が深まり、家族の幸せが増幅します。家を選ぶという行為を通じて、家族の幸せを追求するライフデザインを描くのです。


最後に、住まい選びは、夫婦の絆を強め、家族の幸せを追求する道のり。それこそが、「夫婦仲が良くなければ家は買わない」いや「買えない」、という言葉の真意なのかもしれません。いつか必ず訪れる新しい生活への一歩、それが夫婦で共に選ぶ新しい住まいです。



住まい選びを通じて夫婦の絆を深め、新たな生活を築きたいとお考えの皆さま、私たちはそんなあなたのパートナーとして、あなたの理想とする生活、夢をお手伝いします。ご質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

20230322ajina0012
利便性や経済性を重視するあまり、狭くて庭のない住宅を選びがちです。こうした家づくりの背景には、「家で何をするかどう楽しむか」という視点が欠けていることが原因の一つとして考えられます。そこで、このブログでは広島市郊外で庭付きの家を持つことの素晴らしさと、庭のある生活の魅力について解説します。ご参考になさってください!
Koi_066
もしもアイフォンを「素敵な家」に置き換えた場合、「2台目の車」は何に相当するのか。このブログではその思考を元に、家選びについて考えてみたいと思います。お付き合いいただけると嬉しいです。
Inokuchidai_0253-1
現代のテレワークの普及は、多くの人々にとって職場と住まいの関係を再考させています。地方都市である広島においても、この変化が顕著になることは間違いないでしょう。