映画「繕い裁つ人」をみて憧れた旧平賀邸を訪ねた。





広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。


繕い裁つ人ご覧になったことありますか?


かなり好きな映画です。不器用な主人公に共感しました。


家は住む人を表します

Spt_prono2

「繕い裁つ人」映画の舞台が「旧平賀邸」です。


コロナ禍前ですが、神戸の友人のもとへ古民家の視察のついでに、わがままを言って連れて行ってもらいました。簡単に考えていましたが、神戸からの距離はついでとは程遠い距離。こんな事じゃなければいけてないかもでした。持つべきは友ですね。


着る服は着る人を表すように家は住む人を表します。この映画の主人公の家はこんな家であってほしい。決してボロ屋であってはならない。すんごくマッチしていました。


玄関扉は映画用に変更してますが僕は本物の玄関扉のほうが重厚感もあり好き。ホームページより画像を拝借。(上の画像)

家の寿命は築30年と誰が言った!

PB010509

旧平賀邸は大正7年の建築ですって!大正ロマンとはよく言ったものです。昭和でもない、平成でもない、超素敵な建物でした。家は30年が寿命とは誰が言ったんでしょう。家の寿命は住み手が決める!丁寧に造られた家、大切にあつかわれた家、は後世に引き継がれます。


映画のセリフにある「夢見るための洋服を作っているんです。生活感なんて出せません。」まさにそんな邸宅でした。こんな住まいを普通に使いこなせてこそ素敵なんでしょうね。


住宅に置き換えるなら、「夢みる建物をつくっているんです。夢の続きはあなたが積み重ねてください」、と、お客様に言ってみよう!笑

旧平賀邸の画像です。

PB010514
映画では右のお部屋は母が団子を食べる部屋。この時代の建物にはこんな時計がお似合いですね。今の時代に似合う時計はもっとシュッとしたものになるのでしょうか。

家に置く一生ものの時計ってどんなのがいいのだろう。探してみたいと思いました。
PB010536
玄関ホールです。玄関ホールは出入りするだけじゃなく応接もできる場です。最近は土地も狭いから。。。そんなスペースより実用的にシューズクロークでしょうね。

それでも、玄関に洒落た椅子を置く。「おりいえ」的には、そんな余裕こそが暮らしのゆとりだと考えています。
PB010520-1
重厚感ある建具にステンドガラス。

そういえば最近、ステンドガラスの要望って少ないような気がする。

ステンドガラスは光が射しこむとアートな空間が生まれるんです。

どこかのモデルで久しぶりに取り入れてみます。

PB010521.ORF_
暖炉にフロアースタンド。

この場所を現代風にステージングしたい!
PB010523
この本棚から洋服のカルテを取り出すシーンが凛として中谷美紀さんカッコイイんです。

家具は買いかければいい。だけど、家は買い替えるとなると相当な出費に労力が必要です。だからこそ失敗したくありません。

とりあえず住めればいい!でも、家賃は捨てるようなモノ思考であらば賃貸に住み続けましょう。

きっと後悔するからです!

自分が目指す未来に、検討している家ががふさわしいですか?

住宅購入時は良いパートナーを見つけましょう!

大切にあつかわれてきた家は100年前の建物でも十分居住は可能です。ごましなどできない時代の建物だからこそ、素材や職人の技を知ることが出来るのでしょう。


良質な新しい建物が建つことで良質な建物がストックされます。一方、良質でもない新しい建物はどうすることもできなく朽ちるのを待つばかり。戦後の雨風をしのぐことを優先された家は残っていません。そんなものです。


今、必要とされているのは良質な建物を建てる工務店でありハウスメーカーです。そして、実はボロボロに見えても宝物のような素材を見極めることが出来る不動産屋さん。


それができる人が少ないからインスペクションが重要なんだってのが世界常識なんですよ。


広島市周辺で住宅購入時のご相談はお気軽にお問い合わせください。

▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

PB010509-1
旧平賀邸は大正7年の建築ですって!大正ロマンとはよく言ったものです。昭和でもない、平成でもない、超素敵な建物でした。家は30年が寿命とは誰が言ったんでしょう。家の寿命は住み手が決める!丁寧に造られた家、大切にあつかわれた家、は後世に引き継がれます。
IMG_1737
「マンションは管理を買えといいます!」マンションはどれだけ高級でも、共同で暮らす容器に違いありません。管理が重要なのはまさに言葉通りです。
IMG_1703
五月が丘モデルハウスのモミジの見ごろは来週あたりかな?庭に樹々のある豊かさ!是非、感じてください!!モデルハウスの公開は今月末で終了です!