好きなモノに囲まれた暮らしの延長線上にあるのがアートのある暮らし

P4060034_01
広島市で中古戸建住宅×リノベーションを提供している「おりいえ」です。

昨日の休日は趣味のカメラ。桜を撮影しました。

お気に入りが上の画像です。

お日様の陽を受け、桜の花びらが色々な表情しています。

場所により、陽により、そよぐ風により、風情が変わります。

家もおおむね同じです。ただし、家は桜のように失敗しても来年があるというわけにはいきません。建てると風情も暮らしも決まってしまいます。

何度も読み返している大好きな小説には「美と云うものは常に生活の実際から発達するもので...以下略」このように書かれています。陰影礼賛より


常に生活の実際は「家」なわけです。言いかえれば、「家」は美を創り出す大切な容器ということ。

新しく着手する井口台リノベーションのテーマは「アートのある暮らし」

その定義は、「好きなモノに囲まれた暮らしの延長線上にあるのがアートのある暮らし」

⇒「美」

この思考で、デザインをすすめています!



▼ 最新のカテゴリー記事はこちら ▼

4780791655811024784.101712bb6f50b06f989976d73a8f65cd.22080623
子供の人格は暮らす街の中で形成されるそうです。子供の頃の見た景色は生涯その思考を形どるのかもしれません。少なくとも私の思考はそのとおりだと思います。
IMG_3156
二回目となる地中美術館。モネ室が好き、自然光のやわらかい光源が好き。視線が途切れず続く壁は阿品リノベでもやってみよと思ってます。
IMG_3154
前回の直島ツアーは時間の関係上、こちらの李禹煥美術館はお庭だけの見学でした。