中古戸建住宅を購入してリフォームをする場合のポイント

af824eb0342ffbbdb5e7ff7225038322_s
中古住宅を購入してリフォーム・リノベーションを検討するポイントは、「ズバリ予算!」です。限りある予算の中でどこまで手を加えるのか、どんなふうに変化させるのか。優先順位を決めなければなりません。

そして、リフォームの優先順位を決めるうえで最も重要になるのは、購入をしようとしている中古住宅のコンディションを知るという事です。古いだけならリフォームすれば綺麗になります。

雨漏れ、蟻害、傾き、などなど劣化を修繕する費用は想定済みでしょうか。想定済みで無ければリフォーム予算を食いつぶしてしまいます。表面的な印象だけで中古住宅を選ばないようにしましょう。


このブログでは、各予算別のリフォーム例をまとめてみました。ご覧いただけると喜びます。
68f8697c8c949b11fe950d5d55347409
300万円リフォーム

水周りリフォーム
キッチン、浴室、洗面、トイレを交換。と、いってもあまり高価なものを選んでしまうと他にお金が回りません。普及品を選んだとして150万円程度は必要になるはずです。また、予備費として考えておかなければならないのは浴室が在来浴室の場合です。この場合、解体後に土台や柱が腐食していることを発見することが多い。また、給湯機は10年~15年程度が寿命とされます。経過年月を確認し場合によってはリフォームと同時に交換すべきか検討するようにしましょう。

内装リフォーム
全て水周りを交換した場合、残り予算は100万円~150万円程度です。この予算で内装をリフォームする必要があります。当然、選ぶ素材や範囲で大きく金額が変わります。全ての居室を無垢材にする、漆喰壁にする、では、流石に予算に納まりません。予算内に収めるために、休日を利用してDIYで予算を圧縮するなどの方法を選択される方も増えてきました。

300万円の予算とは、水周りの全交換と内装リフォームを施すにはギリギリという事です。優先順位か予算アップの見当が必要です。


P4100787
500万円リフォーム

300万円リフォームでは、水周りの全交換を普及品を選択したとしても、内装リフォームを加えるとギリギリの予算とお伝えしました。500万円まで予算アップすると、ちょっとした間取りの変更や造作家具での作り込み、また、素材への厳選につながります。

この際、同時に断熱改修へも目を向けてみたいところです。(素材か性能かの優先順位は必要になりますけど)断熱改修で簡単なのは窓の改修です。内窓をつけたり真空ガラスへの変更などです。また、改築によっては断熱改修も容易です。個人的には、皆が集まるリビングだけとか。部分的にでも快適に過ごせる部屋を造ることはありじゃないかと考えます。このように考えると、断熱はそこそこでいいからペレットストーブや薪ストーブを導入するのもありじゃないかとか。。。リフォームは夢が広がります。
8f84c3eddab9cf0efae81fee724be6df
1000万円リフォーム

素材の厳選、断熱リフォーム組み合わせ方では800万円程度の工事費用が必要になるかもしれません。どこをおさえ、どこにお金をつぎ込むか。リフォームは予算とやりたいこととの優先順位を見極めることが大切です。

さらに、外壁の劣化が進行していれば断熱改修と外壁の補修や張替なども検討する必要があるでしょう。どうせ足場を組むんだから屋根にも手を加えたい。その先には、劣化補修するくらいならイメージアップへつながるようにしたい。

ここまで来ると1000万円の声が聞こえてきます。費用対効果が重要です。より優先順位付けをしなければもったいないですよね。まさにリノベーションという言葉がフィットするイメージです。ちょっとしたイメージ変更から家を生まれ変わらせる。そのための思考と提案が必要になってきます。間取変更時に耐震補強も同時にしてしまうというのも選択の一つです。


a3ea9db5e3b787279b2f9443e4ea0190
最後に

300万円、500万円、1000万円と段階別にまとめてみました。中古住宅購入時のコンディションはそれぞれに違います。

購入価格とリフォーム費用を加えた総予算が望む暮らしの価値に値するのか!これこそが中古戸建住宅×リフォーム・リノベーションの成功への鍵です。鍵を開くことができるパートナーとは建物ことが理解できる建築のプロです。

冒頭でお伝えした通り、購入する建物のコンディションを理解していなければ、望む暮らしの追求する前に、こんなことじゃなかったという負の思考でいっぱいになります。このような状態で楽しいリフォームへつながるはずありません。優先順位を考える余裕などありません。こんな失敗をしないためには、中古戸建住宅×リフォーム・リノベーションは慎重でなければなりません。

内覧の際は、信楽できるホームインスペクターや信頼できるリフォーム業者を同席させれることをお薦めします。