照明デザインによる居心地の工夫で変わる家族の時間

Inokuchidai_0225

広島市で中古住宅リノベーションを手掛ける「おりいえ」です。


家はただの住まいではなく、家族が集まり、大切な時間を過ごす場所です。その時間をより豊かに、居心地よく過ごすためには、照明のデザインが重要です。


照明は空間を明るくするだけでなく、雰囲気を作り出し、暮らしに応じた最適な環境をデザインしてくれます。特に夜の家族の時間を、特別で心地よいものにしてくれるのが照明です。


このブログで照明の工夫について考えてみましょう。

照明で変わる居心地とデザイン

照明デザインで豊かな空間を

分譲住宅やローコスト住宅メーカーの家では、結構な割合で「一室一灯」の照明スタイルが見られます。これでは空間の利用を制限してしまいます。


照明を暮らしに合わせて配置することで、必要な明るさを保ちながら、家族が集まるリビングやダイニングの時間を豊かにします。例えば、リビングの各コーナーにスタンドライトを配置し、ダイニングテーブルの上にはペンダントライトを吊るすなど、照明によって空間の使い方は広がります。

色温度と調光機能で雰囲気をコントロール

照明の色温度や調光機能を活用することで、部屋の雰囲気を自在にコントロールすることができます。


家族で食事を楽しむ時間には、暖かみのある色温度で食卓を明るくし、リラックスしたい夜の時間には、低色温度の柔らかい光でくつろぎの空間を作ることができます。調光機能を使えば、映画鑑賞や音楽を楽しむ時間に合わせて光の強さを調整することができ、より一層居心地の良い環境を作り出せます。

特別な時間を演出する照明

家族の特別な時間、例えば誕生日や記念日には、照明を使ってハレの場を演出することができます。


天井からのスポットライトや、キャンドルライトを模したLED照明を使うことで、普段とは違う特別な雰囲気を簡単に作り出せます。照明デザインによって、家族の大切な時間をより一層思い出深いものにすることができます。

居心地の良さを追求するデザインの工夫

活動に応じた照明計画

照明のデザインを工夫することで、家族がそれぞれの活動を楽しむための最適な環境を作り込むことができます。


例えば、読書や勉強をするための明るいタスクライト、リラックスするための間接照明、そして家族で食事や会話を楽しむための柔らかいダイニングライトなど、暮らしに応じた照明を計画することが大切です。

家族の絆を深める照明デザイン

照明は、家族の絆を深めるための重要な役割を果たします。


適切な照明環境を整えることで、家族が集まりやすくなり、自然とコミュニケーションが増えます。つまり、照明のデザインにこだわれば、家族の時間をより大切にし、心地よい空間を作り出すことができるのです。

最後に

20230322ajina0402

照明のデザインを工夫することで、家族の大切な時間をより豊かで居心地の良いものにすることができます。特別な時間を演出し、日常の活動を快適にする照明の力を活用して、家族の絆を深める空間を作り出しましょう。


家族の時間の質は照明デザインが重要です!





▼ 最新のブログ記事はこちら ▼

20230322ajina0215
家の中で最も重要な場所はどこでしょうか?多くの人がリビングルームを思い浮かべるかもしれませんが、「おりいえ」では、ダイニングキッチンが家の中心であるべきだと考えています。なぜなら、食を通じて会話を楽しむ時間こそ、家族が心から一緒に過ごせる特別な瞬間だからです。
0125-2
自宅に居ながら四季の移ろいを感じることができる家は、日常生活に新しい楽しみをもたらします。窓からの景色が季節の変化を知らせてくれると、まるでその瞬間にスイッチが入ったように特別なものになります。春のハナミズキの花、夏の木陰の涼しさ、秋の紅葉の彩り、冬の雪景色の静寂など、自然の美しさが毎日の生活を豊かにします。
A7305618-1
深い軒のある家は、デザイン性と機能性を兼ね備えています。このブログでは、そのメリットについて詳しくご紹介します。住まいを快適にするヒントにしてください!